日刊サイゾー トップ > インタビュー  > HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれから

無理に打たなくていい 10年でピリオド――HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれから

文=佐藤公郎(月刊サイゾー)

「震災から10年」は区切りではない

無理に打たなくていい 10年でピリオド――HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれからの画像2――音楽活動をストップし、ボランティア活動に専念していた時期もあり、「この経験は音楽制作につながってくる。悪いことに転じることはない」と話されていましたが、実際どのようなフィードバックがあったのでしょうか?

HUNGER 震災から約2カ月後(5月15日@横浜ベイホール)、録音物であった「うぶこえ」を初めてライブで披露したときがあったんですが、全然歌えなかったんです。恥ずかしい話ですが、レコーディングしたときとはまったく異なる感情があふれてしまい、泣いてしまって。でも、その時の感情が新たな制作意欲につながったし、自分の中で新しい物語が展開されていくような感覚もありました。

――また、「いつものような毎日を送りたい」「能天気なラップをすることへの抵抗感」といった話もされていましたが、音楽的視点では、いつからいつものような制作に戻れたのでしょうか?

HUNGER 正直、戻れていないんじゃないかな、って感じているんです。震災以降、確実に音楽制作に対するモードに変化が起きたと思う。パーティーソングはラップできると思うんですよ、それは歌詞の内容が前向きであるから。でも、バカバカしい内容というか、底抜けにただひたすらユーモアだけを詰め込んだ言葉は出てこなくなったかもしれません。もちろん、そこには年齢的な問題もあるだろうし、一概に震災だけが関係しているとは言い切れない。ふと思ったりするんです、あの時、もし震災がなかったら自分はどんな方向を向いたラッパーになっていたんだろう、って。

――それが一種のジレンマにつながることは?

HUNGER むしろジレンマすらないんですよ。その感覚はGAGLEでもソロでも同じで、去年の7月にソロアルバム『舌鼓 / SHITATSUZUMI』 をリリースしたんですが、打ち込みのキック(ドラム)を本物の和太鼓で表現した作品だったので、どこかはっちゃけたイメージに感じるかもしれないんですけど、伝統的な音色や文化的解釈に気がつくと、おのずと落ち着き払った感覚に着地するというか。GAGLEのファースト(『BUST THE FACTS』/01年)を聴き直すと、「底抜けに明るいな~!」って感じるんですけど(笑)、それは若さもあるだろうし、誰しも音楽活動を続けていく過程で変化が訪れるときはあると思いますからね。

――ある種、必然でもあった変化を経て、先ごろ東日本大震災から10年の節目となる3月8日に「I feel, I will」を配信しましたが、制作背景はどのようなものだったのでしょうか?

HUNGER 去年の8月に『mononook(モノノーク)』というネットラジオ番組を企画されている小森はるかさんから「『うぶこえ』をプレイさせてもらっていいですか」と連絡があったんです。それは震災から丸10年を迎えるずいぶん前のこと。その時点から10年を考えようとしている人たちがいた。世の中的には“10年”というのはわかりやすい数字的な区切りだけど、被災した人たちにとっての節目、区切りの意識は結構複雑だったりする。それは『HOPE FOR project』(※2012年から始まったプロジェクト。毎年3月11日に、特に被害が甚大であった宮城県・荒浜海岸の慰霊祭に参列した人々と、花の種を入れた風船を空へ飛ばすイベント。アーティストや文化人によるライブや誌の朗読なども行われており、HUNGERも参加している)も同じで、誰しも常に頭の片隅にはあって、自問自答を繰り返しているような感覚なんです。

 そういったことから、直前になって悩むより先んじて考えたかったので、半年前くらいから漠然と構想はあったんですが、月命日である2月11日になって、「来月で丸10年か」という気持ちはあったものの、どこか実感は湧かなくて。そんなとき、2月13日の夜に大きな地震があって、そこですぐ状況をメモして、奮い起こされる気持ちになり、制作に着手した形です。結果的に短期間の制作にはなったんですが、3月2日には録音して11日に発表することができました。

123

無理に打たなくていい 10年でピリオド――HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれからのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真