日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 法務省が20年の「人権侵犯事件の状況」を発表

日本人の人権意識は向上している? 法務省が20年の「人権侵犯事件の状況」を発表

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

いじめ減少は新型コロナの影響?

 20年に新規救済手続きを開始した人権侵犯事件には、新型コロナの影響も現れている。例えば、前年に最も件数が多かった「学校におけるいじめ関係」や「教育職員関係」の減少は、新型コロナによる休校やリモート授業の実施により、学校生活から切り離されたことがある。また、労働権関係や強制・強要関係も同様に、新型コロナでの休業やリモートワークにより、職場から切り離されたことがある。

 人権侵犯事件で特徴的だったのは、インターネット上の人権侵害情報で、処理した人権侵犯事件は1917件のうち、プロバイダ等に人権侵害情報の削除を求める「要請」の
件数が578件と過去最高の件数となった。また、新型コロナウイルス感染症に関する人権侵犯事件で新規に救済手続きを開始した事件が175件あり、処理した件数が151件あった。

 具体的な事案では暴行・虐待関係で、女子中学生が兄から性的行為を強要されていたケースや、小学校高学年から継続して養父から性的暴行を受け、行為を撮影した動画を拡散する等の脅迫を受けていた女子高生のケースなどの報告がなされた。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2021/03/26 07:00
12

日本人の人権意識は向上している? 法務省が20年の「人権侵犯事件の状況」を発表のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

コント職人が集結の極上ユニット

 しずるとライスとサルゴリラの同期芸人たちがユニットを組んで新たに「メトロンズ」とし...
写真