日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『Mステ』に初出演のBLOOM VASEとは?

『Mステ』に初出演のBLOOM VASEとは? 異例の“大抜擢”に音楽業界からも注目が集まるワケ

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

『Mステ』に“路線変更”の動き?

「瑛人や優里といったTikTokでのバズをきっかけに注目を集めたアーティストは、『Billboard Japan HOT 100』で1位を獲得したり、他の音楽番組や情報番組で取り上げられるなど世間でかなり話題になってから『Mステ』への出演を決めていたので、このタイミングでのBLOOM VASE出演は“大抜擢”であり、異例でしょう。

 26日の放送はさらに、昨年からドラマやアニメのタイアップが続いている秋山黄色も初出演となるほか、同じくTikTokから話題になった『魔法の絨毯』で今年1月に初出演を果たした川崎鷹也もふたたび登場。6組の出演者の中で、実に3組がこうした注目すべき期待の新人となっており、大胆な采配といえる。新しい才能を発掘していくことも音楽番組には求められることなので、“路線変更”なのであれば業界的には大歓迎ですね。音楽番組としてはある意味、原点回帰と言うべきなのかもしれませんが」

 なぜ、老舗番組がこうした動きを見せたのだろうか。前述の関係者はこう推測する。

「まず第一に、ここ数年の『Mステ』はスペシャル番組が連発され、企画コーナーが目立つようになり、“生放送で最新曲のパフォーマンスを観る”という持ち味が薄れつつあった。19年秋に行われた21時台への枠移動と合わせ、『改悪』だと視聴者から批判の声も少なくない。

 さらにTBSが生放送の『CDTVライブ!ライブ!』を昨年からスタートさせ、積極的に新人やネットで話題のアーティストを取り上げていることも大きいでしょう。テレビではあまり見られない“フル尺”でのパフォーマンスも観られる点も特色となっており、“イマどきの音楽番組”として着実に支持を集めつつある。加えて日本テレビも4月から、SNSでのバズを意識した新たな音楽番組を23時台に始める。他局のこうした動きに『Mステ』も考え方を改める部分があったのでは」

 今秋、放送開始から35周年を迎える『ミュージックステーション』。今なお影響力が大きい番組だけに、BLOOM VASEの知名度も、出演をきっかけに一気に跳ね上がることだろう。同番組でこうした“新人発掘”が今後も続くことを期待したい。

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

最終更新:2021/03/26 16:10
12

『Mステ』に初出演のBLOOM VASEとは? 異例の“大抜擢”に音楽業界からも注目が集まるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

小津安二郎「子が親を何度もビンタする」名シーン

 こんばんは、宮下かな子です。  最近、脚の...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真