日刊サイゾー トップ > インタビュー  > JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

BALLISTIK BOYZ「Animal」は眠っていた曲だった──JAY’EDが語るLDHのクリエイティブと葛藤

文=ケンイチ

頼まれたら断れない──シンガーとクリエイターの狭間で葛藤

BALLISTIK BOYZ「Animal」は眠っていた曲だった──JAYEDが語るLDHのクリエイティブと葛藤の画像4
(写真/KOBA)

──BALLISTIK BOYZと同じくJAY’EDさんも現在LDHに所属していますが、所属に至ったきっかけは何だったんですか?

JAY’ED 前々から親交のあったEXILE ATSUSHIくんに誘ってもらったのが最初です。当時の自分は何かとくすぶっていて、環境を変えて新しいことに挑戦したい思いがあったので、声をかけてもらえてうれしかったです。

──LDHに所属後、2016年頃からはクリエイター活動が盛んになり始めました。

JAY’ED 元々はアーティストとしてLDHに所属したんですけど、しばらくしてDOBERMAN INFINITYのP-CHOさんやプロデューサーのNAOtheLAIZAと制作チームを組んで曲を作るようになり、その頃からクリエイティブの楽しさに目覚めていきました。自分で歌うにはちょっと違うなと感じる曲でも、クリエイターなら音楽をボツにすることなく別のアーティストに託すことができる。そういう面白さに気付いて、いろいろとお仕事させてもらうようになったんですけど、最近はクリエイター業がメインになり過ぎていて、活動のバランスがちょっとおかしくなっているような気もしていて(笑)。

──もっとアーティストとしても活動していきたい、と?

JAY’ED はい。クリエイティブのお話を頂けることはすごくありがたいんですけど、やっぱりアーティストとして頑張りたいとずっと思っているので。だから「この曲が終わったらしばらく作家活動はやらない!自分の時間を作る!」と毎回心に決めてはみるんですけど、頼まれたら断れない性格なので、今のところ一度もその決めごとを守れたことがないです(笑)。

──ところで、先ほど「くすぶっていた」という話が出ました。具体的にはどんな状況にあったんですか?

JAY’ED 自分自身が音楽に集中できていなかったというか、本当は好きなはずなのに、音楽をやるのがちょっと嫌になる時期があったんです。ライブもなかなか実現できなかったりいろいろと思い通りにいかないことが続いて、当時はよくいじけていました。

──最初にメジャーデビューした頃はどうでしたか?ヒット作にも恵まれ、キャリアの中でも特に脂の乗っていた時期だと思うのですが。

JAY’ED 今振り返ってみると、その頃からくすぶりは始まっていたような気がします。初めてのメジャーデビューだったこともあって「チームを含めいろんな人を自分が引っ張っていくんだ」と気合を入れてスタートしたんですけど、大阪のクラブでR&Bを歌っていた頃とのギャップを次第に感じ始め、かと言って自分が良いと思った音楽だけを届けていく力があるわけでもなく、事あるごとに悩んでいました。ビジネスである以上、やらなきゃいけないことはあるし、数字や結果にも向き合う必要がある。今の自分ならそれも十分に理解できるんですけど、当時は未熟で、わからないことだらけだったので。

──そんな苦い経験さえ原動力にして着実に歩みを進めてきたからこそ、今の前向きな活躍があるわけですね。

JAY’ED 例えるなら、二十歳ぐらいのときの情熱が戻ってきた感じがありますね。変な邪念を入れず、ただ純粋な気持ちで音楽を作れているのでとても幸せです。どこに出しても自分が誇れる作品を作る大切さもLDHに入ったことで学べましたし、今の自分が一番、音楽に対して誠実だと思います。「Animal」がバズったのもそうですが、今の時代はやっぱり突き抜けることが大切だと思うんです。自分で責任を持ってジャッジしていくことはリスクも伴うけど、思い切って実行することで見えてくるステージがある。若いアーティストさんにもたくさん出てきてほしいんですよね。「自分はこうでなきゃいけない」と決めつけるのではなく、どんどん新しいことをやって突き抜けていく。そういう人たちが、これからの時代のスタンダードになっていけばいいなと思っています。

BALLISTIK BOYZ「Animal」は眠っていた曲だった──JAYEDが語るLDHのクリエイティブと葛藤の画像5
(写真撮影/KOBA)

JAY’ED(ジェイド)
1981年9月16日、ニュージーランド生まれ。大阪のクラブを中心に音楽活動を始め、2008年シングル「superwoman」(Kimi / TOY’S FACTORY)でメジャーデビュー。09年にJUJU with JAY’ED「明日がくるなら」でブレイクを果たす。16年4月にLDHの所属になり、17年6月、EXILE ATSUSHIとの共同プロデュースでフルアルバム「Here I Stand」をリリースした。以降、シンガーとしてだけでなく、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEなど、アーティストへの楽曲提供も盛んに行なっている。

ケンイチ

ケンイチ

日本のR&Bをはじめグルーヴィーな邦楽が大好物。コンピレーションCDのプロデュース、イベント主催の経験などを経て、2021年からは音楽メディア「JBSGROOVE」(http://jbsgroove.com/)の運営をスタート。オリジナルのプレイリストやレビューなどを更新中。

Twitter:@JBS_KEN1

「JBSGROOVE」

最終更新:2021/04/06 12:00
12

BALLISTIK BOYZ「Animal」は眠っていた曲だった──JAY’EDが語るLDHのクリエイティブと葛藤のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

阿部サダヲ主演の社会派コメディ

 阿部サダヲ主演のコメディ映画といえば、水田...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真