日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 小室圭さん「金銭トラブル」文書にアンミカ「恥ずかしい」

小室圭さんの「金銭トラブル」文書にアンミカ「私だったら恥ずかしい」 「バイキング」メンバーでオールでダメ出し

小室圭さんの「金銭トラブル」文書にアンミカ「私だったら恥ずかしい」 「バイキング」メンバーでオールでダメ出しの画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み 2017年」9/30号より

 12日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で秋篠宮家の長女・眞子様との婚約が内定している小室圭さんが8日に発表した文書について特集。出演者の容赦のない駄目だしが続いた。

 母親と元婚約者との間の金銭トラブルについて、これまでの経緯を説明した文書は28ページにも及んでいる。番組が行ったアンケートで「長すぎて内容は全部は読んでいない」という回答が紹介されると出演者からは笑いが起こり、MCの坂上は「仕事だから頑張って読んだけど、普通だったら読めないもんあれは」と同調。

 アンミカも呆れた様子で「労力はすごいですけど長くなれば長くなるほど(国民の)心が離れる」とコメントした。

 高橋真麻は「1枚だろうが100枚だろうが小室さん側の見解でしかないのでまったく解決していない」と厳しい指摘。さらに「まだ弁護士じゃないのに弁護士っぽい文書書いてくるのもどうかな、“まだ弁護士じゃないじゃん”っていう気持ちもある」と、別角度からの指摘にスタジオ出演していた弁護士も苦笑い。

 また、返済するとしても400万円は工面できなかったのではないかと推測し、「そういうプライドの高さみたいなのが垣間見えるのが、眞子様をお預けして大丈夫なのかなっていうのが払拭できない」と言い放つとさすがの坂上も「言いたい放題だよね」と高橋の発言に突っ込みを入れていた。

 元婚約者からの金銭は借金であったのか贈与であったのかについて、小室さんは返済不要の録音データがあり、また母親への慰謝料と相殺されるため、返済義務はないと主張。坂上はこれに「そういう(法的な)考えでいったら、解決するものも解決しない」と指摘。「確かに後から金返せっていうのは、男としてどうなんだっていうのはあります」と前置きしつつも「現実問題、元婚約者の方は精神的にも疲弊していて、年齢的にも、経済的にも疲弊しているとなったら、話早くないですか?」と返済するべきと主張した。

 これに峰竜太も同調「法律でがんじがらめにして、何をしようとしてる。お世話していただいた方に対するやり方じゃないですよ」と非難した。

 アンミカも「400万円もの大金を貰ったと言い切れることが、私だったら個人的に恥ずかしいです。まず借りる、贈与以前にそれを貰ったって言い切れるって、すごい大金ですよ」と怒りをにじませコメントした。

 また高橋は「仮にお二人がご結婚したところで、もし道端で会った時に、“あ!眞子様おめでとうございます! 小室さん、でもあのお金は返した方がいいと思いますよ”って言っちゃうと思う」と発言。スタジオに笑いが起きる中「いろんな国民の方が、あのカップルを見るたびに、なんか一言、言いたくなっちゃう。純粋にお祝いの言葉だけをかけられない人生を今後歩まなきゃいけないっていう方がお辛いんじゃないかな」と手厳しく忠告した。

 この放送後、小室さんが解決金を支払い金銭トラブルを解決する意向があることが明らかになった。

 番組内で散々批判されていたが、これでバイキングメンバーにも祝福される結婚になるのだろうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/04/13 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed