日刊サイゾー トップ > 海外  > スタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅
Saku Yanagawa×Moment Joon対談

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅

文=武松佑季(たけまつ・ゆうき)

「実はスタンダップコメディアンを目指していた」(Moment)

 さらに、Momentが日本の“お笑い”に対して物を申す。

「日本のお笑いを見てて僕が笑えないのは、ユーモアセンスを共有してないのもあるけど、(逆を言えば日本の笑いは)ユーモアセンスを共有している人だけのためのものと、どうしても感じてしまう。英語のスタンダップはいろんな人が対象というのが前提にある。だから『俺も対象になれるかも』ってワクワクしながら見られるんだよね」

 これに対しSakuもスタンダップコメディの懐の広さを次のように語る。

「コメディクラブ(スタンダップコメディが行われるステージ)は自分とは意見(や人種、バックボーン)が違う人と出会える場所。そんな人同士が同じジョークで笑えば、その瞬間だけは分断がなくなる。だからこんな豊かな場所は他にはないかなと思ってる」

 確かに、日本の漫才のネタの中に社会的、ジェンダー的な思想を入れ込むことは危険をはらむ。そこがスタンダップと日本の笑いの大きな違いかもしれない。

 では、韓国のお笑い界はどうなのか?

 Momentいわく、「日本みたいに単一民族神話のある国だけど、移民も増えてきている。そして、そんな10代、20代の若い移民がYouTubeなどでセルフオリエンタリズム的な自虐ネタで『今笑っているお前ら!』みたいな、カウンターを打つ笑いをして影響力を持ち始めてる。だから、彼らがやっているのはスタンダップとは違うけど、(受け入れる土壌ができつつあるから)韓国のスタンダップは未来があると思う」とのこと。

 この発言もしかり、イベントを通して意外だったのは、Momentが非常にスタンダップを始め、国内外のコメディへの造詣が深かったことだ。Momentはポリティカル・コレクトネスや言葉狩りに真っ向から立ち向かうビル・バーや2000年代のデイヴ・シャペルの大ファンで、ネタを覚えているレベルだそう。それは彼自身もスタンダップコメディアンを目指した時期があり、ネタまで書いていたからだとか。国籍問わず、国際感覚豊かな人物に、スタンダップコメディがいかに注目の芸能であるかを証明しているといえる。

 こうして、2時間に及ぶカルチャーと社会を考えるトークイベントも終了。主義や思想を笑いやラップに乗せて表現するという共通項を持つふたりだからこその意義深い内容となった。

日本ではあまり見られないスタンダップコメディに少しでも興味を持った読者は、Sakuがスタンダップコメディの普及のために執筆した『Get Up Stand Up! たたかうために立ち上がれ!』を手に取ってみてはどうだろうか。笑いとは何なのか、改めて考える機会を得られるかもしれない。

武松佑季(たけまつ・ゆうき)

武松佑季(たけまつ・ゆうき)

1985年、神奈川県秦野市生まれ。雑誌ライター、編集者。東京ヤクルトファン。

最終更新:2021/04/18 08:00
12

「わかる人にだけわかる」日本のお笑いは差別を助長するのか―アメリカで奮闘するスタンダップコメディアンと移民ラッパーの邂逅のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真