日刊サイゾー トップ > 芸能  >  『着飾る恋』制作陣の本気度が違う

TBSが”脱・略称宣言”!? 新火曜ドラマ 『着飾る恋には理由があって』は制作陣の本気度が違う

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『着飾る恋には理由があって』
『着飾る恋には理由があって』公式サイトより

 パッとしない火曜ドラマの立て直しに必死なTBSは、今度こそヒット作が生み出せるのだろうか。

 火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)が本日4月20日からスタートする。主演を務めるのは川口春奈。インテリアメーカーの広報として活躍し、フォロワー10万人を持つインフルエンサーという“着飾る女”真柴くるみを演じる。相手役となるマイペースな性格のミニマリスト・藤野駿には、2019年の火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で一躍人気若手俳優に名乗りを上げた横浜流星が抜擢された。物語は、真柴がひょんなことからルームシェアをはじめるところからスタートする。藤野をはじめさまざまな価値観を持つ同居人と暮らすなかで、真柴の価値観も変わっていく……という“うちキュン”ラブストーリーだ。

 かつては原作モノの映像化で攻めていた火曜ドラマだが、昨年大ヒットした『私の家政夫ナギサさん(わたナギ)』を最後にオリジナル路線に切り替えており、今回の『着飾る恋』も完全オリジナルストーリーとなっている。本来、原作のあるなしは問題ではないが、オリジナルドラマが大きなヒットにつながっていないのが現状だ。そんな状況のなかで集められたのが、今が旬の制作陣だ。脚本には、昨年『恋はつづくよどこまでも』で支持を得た金子ありさ、プロデューサーには『MIU404』『わたし、定時で帰ります。』などの新井順子、そして演出には『MIU404』『グランメゾン東京』などジャンルを問わず話題作を手がけてきた塚原あゆ子。この3者がタッグを組むラブストーリーは3作目だが、いずれも原作モノであり、完全オリジナル作品は初となる。

 意気込みの違いは、すでに放送前から感じられる。まず、これまで火曜枠がこだわってきた“略称”をしないと公式に宣言。先月まで放送していた『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』なら『ボス恋』と略すなど、長らく火曜ドラマにはタイトルの略称があったが、もはや惰性で続けられており無理矢理感が否めなかった。3月のキャスト発表生配信で視聴者から「タイトルの略称は?」と質問がきた際に、新井プロデューサーが「略しません!」とすかさず念押ししたという。出演する川口と横浜も<切るなら『着飾る恋』!>と強調した。

 さらにドラマといえば衣装にも注目が集まるが、今回は「Rakuten Fashion」との公式コラボが打ち出されている。前クールの『ボス恋』でもファッション関係の企画は可能だったように思うが、こうした点も制作陣の違いなのだろうか。

 脚本としても、完全オリジナルと銘打つにふさわしいと言える。オリジナル路線に突入以降の火曜ドラマは、『この恋あたためますか』はBL漫画に、『ボス恋』はアメリカ映画に設定が似ているという“疑惑”が放送前からあるなど、出鼻をくじかれる残念さがあった。また、インフルエンサーである主人公は華々しく一見遠い存在に感じるが、SNSで“着飾る(よく見せる)”という経験に多くの人は覚えがあるはず。そんな誰もが持つ欲から展開していくドラマは、ラブストーリーのかたちをしながら、実は恒久的なテーマを扱っているのではないだろうか。

 制作陣にも精鋭が集められた『着飾る恋』。ただのラブストーリーに終わらない名作を生み出し、必死さがにじむ火曜ドラマを改革できるだろうか?

■番組情報
火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』
TBS系 毎週火曜日22時~
出演:川口春奈、横浜流星、丸山隆平(関ジャニ∞)、中村アン、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣、飯尾和樹(ずん)、赤ペン瀧川、木本夕貴ほか
脚本:金子ありさ
演出:塚原あゆ子、棚澤孝義、府川亮介
プロデューサー:新井順子
音楽:神山羊、兼松衆、田渕夏海
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/04/20 10:00

TBSが”脱・略称宣言”!? 新火曜ドラマ 『着飾る恋には理由があって』は制作陣の本気度が違うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

ラッセル・クロウ主演の恐怖映画『アオラレ』

 ついクラクションを鳴らしたことから、悲劇は...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真