日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『華大さんと千鳥くん』注目度急上昇

『華大さんと千鳥くん』プライムタイムらしからぬ“ストロングスタイル”で注目度急上昇

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

『華大さんと千鳥くん』プライムタイムらしからぬストロングスタイルで注目度急上昇の画像1
『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』

 春の改編でひっそりとスタートした、カンテレ・フジテレビ系の新番組『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(火曜22時)。決して大きな話題になっているわけではないが、業界内では注目度が高まっているという。

 同番組は、2019年10月から2021年3月まで同枠で放送されていた博多華丸・大吉と千鳥の冠番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』の後を受けてスタートした。

「『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』は、トークバラエティという形を取りつつ、試行錯誤していましたが、まったくハネなかった。そのリニューアル版となる『華大さんと千鳥くん』は、旬の芸人を呼んでさまざまな企画に挑戦するという内容です」(テレビ局関係者)

 初回から第5回までのゲスト芸人は、チョコレートプラネット、かまいたち、ゆりやんレトリィバァ、マヂカルラブリー、見取り図などといったメンバー。まさに、いま売れっ子の芸人ばかりだ。

「旬の芸人たちが、アミューズメント施設でゲーム対決をしたり、大喜利をしたり、料理対決をしたりと、とにかく自由な番組内容。企画内容もかなり緩めで、芸人の“平場”での面白さが存分に発揮される番組です。いわゆる“ネタ”に頼ることなく、芸人の素の力に頼るタイプの番組はプライムタイムではかなり珍しい。こんなにストロングスタイルなお笑い番組を成立させるのはすごいと、テレビ制作の関係者たちも驚いていますよ」(同)

 さらに、売れっ子芸人だけでなく、キャスティングも攻めている。

「5月4日放送回では、最近深夜帯で露出が増えているお笑いコンビ・5GAPが料理企画で登場しました。華大と千鳥の両方との関係性も強い芸人だということもありますが、他の番組では5GAPをここまでいい扱いで使うことはない。そういった実験的な部分があるのも見逃せないポイントですね」(同)

 一方でこの番組は半年程度で終わるのではないかとも囁かれている。

「前番組の評判がイマイチだったということで、リニューアルして始まった番組ですからね。もはや“これでダメならもう終了”という瀬戸際の状況なのだと思います。そういった中なので、スタッフも華大も千鳥も“やりたいことを自由にやる”という空気になってきているのでしょう。だからこそ、攻めたことができるというわけです。そんなに視聴率が見込める番組ではないでしょうが、今後伝説となるような企画が生まれるかもしれません」(同)

 ほぼほぼノーマークで始まった『華大さんと千鳥くん』だが、しっかりチェックをしておいて損はなさそうだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/05/09 13:00

『華大さんと千鳥くん』プライムタイムらしからぬ“ストロングスタイル”で注目度急上昇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真