日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「新しいカギ」 すでに売れてる3組起用の狙い

「新しいカギ」すでに売れてるチョコプラ霜降りハナコが起用された狙いを芸人が分析! 正統派「テレビコント」の系譜を継げるか?

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

『新しいカギ』でのメンバーの魅力

 本来フジテレビのこの枠では、“ニュースターを排出する”という役割も担っていた。上記にあげている数々の伝説的番組のレギュラーメンバーは、今でこそお笑い界の重鎮ばかりだが、当時はいち若手の枠にいた芸人も少なくない。

 しかし今回は、既にお茶の間の人気者となったメンバーで構成されているところもポイントといえそうだ。ここにもフジテレビの本気が感じられる。

 それというのも、今回の路線では「番組でニュースターを生み出す」のではなく、「今いるスターたちの、代表作を作る」という路線に近い。既に人気のある若手芸人たちを起用して番組の人気を堅いものにし、番組を継続しながら芸人と番組を大きく育てて、『新しいカギ』をそのスター達の看板番組にしていくという狙いを感じた。

 現在、テレビ製作費の削減が続いていると言われる中、最良の一手で、“実際そうなるんじゃないか”というくらい、番組のクオリティは高かった。

 そしてその期待に十二分に応える仕事をしているのが、個性豊かな番組レギュラーメンバーだ。お笑いファンならずとも、次世代を担う芸人として十分認知されている、超実力派若手芸人たちである。

 ここでは番組内での、彼らの魅力に一言ずつ触れてみよう。

【チョコレートプラネット】

レギュラーメンバーの中で芸歴が一番長く、演技力やどの状況からでも笑いに持っていく能力がズバ抜けている。その演技力・笑いの嗅覚の高さから彼らが現場をリードする場面も多く、とにかくやりたい放題で笑いを取っていた。随所にアドリブを入れたり、仕切りから裏回しまで、とにかく何でもこなす『新しいカギ』のリーダー格的存在と見えた。

【霜降り明星】

せいやはチョコレートプラネット松尾と2人で、ものまね一本のコントを成立させる程、芸のクオリティが高い。また粗品のツッコミをベースとしたコーナー企画もあり、各々のポテンシャルに起因したネタ・コーナーで、魅力を発揮した。また、コーナー企画では粗品がMCをする場合が多く、仕切り進行も担当している。

【ハナコ】

「キングオブコント2018」は伊達じゃない。コント番組では、自分達にあった台本でないと魅力が発揮できず、ともすれば笑いの量すら半減する芸人も多い中、彼らはオールマイティにどんな台本・役柄でもこなせている。粗品が少しクセのあるツッコミをする分、その対比で正統派のツッコミが欲しいコントでは、秋山がその実力を発揮していた。

 現在、テレビ各局では単発でテレビコントの番組が放送されており、『新しいカギ』の評判次第では、ブームが巻き起こりそれらがレギュラー化される可能性も多いにある。

 ここ数年は、テレビ製作費減少のため製作費があまりかからないトーク番組が乱立。結果、ネタで関係性やキャラ紹介が既にされていてトーク番組に使いやすい漫才師たちが偏重されてきた。

 そのような時勢に対し、他番組でオードリーの若林正恭がこう、本音を語っていた。

「自分が若手時代、好きではない番組をやる時、『こういう仕事を経れば、いつかコント番組が持てる』と言われて我慢してやってきた。しかし、自分の時代にはこなかった……『時代』がある。」

 どんなにやりたくても、時代がそぐわなければ芸人が番組でコントを行う事はできない。「時代」を作れるか。『新しいカギ』は、新しいコント時代の先駆けになって欲しい。

※文中、敬称略。

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

SHUプロモーション所属。 宮崎大学大学院首席。もともとコンビで活動をしていたが、解散後ピンへ転身。 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1_6_18サントノーレ第10阿佐ヶ谷205号室 在住。

Twitter:@hidetaka111

Instagram:@h_yoshimatsu

YouTube「よしまつゴリラちゃんねる」

最終更新:2021/05/09 20:00
12

「新しいカギ」すでに売れてるチョコプラ霜降りハナコが起用された狙いを芸人が分析! 正統派「テレビコント」の系譜を継げるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真