日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 2021年お笑い賞レース、有力候補

2021年のお笑い賞レース 有力候補は東京で売れる「ニッポンの社長」と大阪で売れる「オズワルド」

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

2021年のお笑い賞レース 有力候補は東京で売れる「ニッポンの社長」と大阪で売れる「オズワルド」の画像1
吉本興業公式プロフィールより

『キングオブコント2020』で初めて決勝に進出、ケンタウロスとミノタウロスのコントを披露し衝撃を与えたニッポンの社長。活動拠点は大阪が、最近では東京のバラエティ番組に多く出演している。

『有吉の壁』(日本テレビ系)、『アメトーーク』(テレビ朝日系)などのストロングスタイルなお笑い番組はもちろん、日本テレビ系コント番組『コントミチ 笑う心臓』にも出演した。

「コントも漫才もやるコンビですが、いわゆる正統派ではなく、独特なセンスのネタが持ち味。ベタなノリが好まれる大阪よりも、東京にフィットするタイプの芸人でしょうね。今後はもっと東京での仕事も増えるだろうし、今年の『キングオブコント』も有力候補ですね」(お笑い事務所関係者)

 その一方で、東京吉本所属のオズワルドは、大阪での仕事が増えているという。

「大阪のお笑い界はとにかく『M-1ファイナリスト』が好きなんですよ。オズワルドの漫才は“東京スタイル”なんて言われますが、それでも2年連続M-1ファイナリストだということで、大阪に呼ばれる機会が多い。また、マヂカルラブリー、おいでやすこが、見取り図、ニューヨークといったあたりのファイナリストはいま東京の番組に出ずっぱりで、スケジュールが取れないので、比較的ヒマなオズワルドが大阪に呼ばれることが増えているんです」(同)

 そんなオズワルドは、今年のM-1グランプリの優勝候補筆頭とも言われ始めている。

「ネタはとにかく面白い。オズワルドのスタイルもだいぶ浸透してきたので、より笑いが取りやすくもなっている。しかも、M-1への注目度が高い大阪での仕事が増えているということが、オズワルドの後押しにもなっている。本当に今年はオズワルドの優勝はありえますよ」(同)

 東京で人気のニッポンの社長と大阪で人気のオズワルド。この2組が、今年のお笑い賞レースでの注目株となりそうだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/04/10 08:00

2021年のお笑い賞レース 有力候補は東京で売れる「ニッポンの社長」と大阪で売れる「オズワルド」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真