日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り明星・粗品が先輩芸人に怒り爆発

霜降り明星・粗品が先輩芸人に怒り爆発 「毒舌キャラ」へのシフトを図るも先行きは不安?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

霜降り明星・粗品が先輩芸人に怒り爆発 「毒舌キャラ」へのシフトを図るも先行きは不安?の画像1
YouTube:しもふりチューブ「バズりすぎた「第7世代」について粗品の不満が爆発!?」より

 霜降り明星の粗品が、5月9日にYouTubeチャンネル『しもふりチューブ』で公開された動画にて、先輩芸人に対する怒りをぶちまけた。

 世間にも大きく知れ渡ることとなった「お笑い第7世代」という言葉。これは、霜降り明星のせいやが考案したもので、霜降り明星、EXIT、四千頭身などの若手芸人を指すものだ。

 その一方で、“第7世代は人気があるけど、自分たちはそんなことはない”などと、第7世代をフリにして笑いを取る先輩芸人も増加。粗品は、そんな先輩対し「おもんない」「マジでダサいから」「誰でもできんねん」などと不満を爆発させた。

 ネット上では粗品に対して“生意気だ”“天狗になっている”などの意見も多く、第7世代への風当たりが強いのも間違いなさそうだ。

「叩かれるのは人気がある証拠だし、目立っている証拠。だからこそ先輩がフリに使うというのも、仕方ないことだと思います。そういった部分に粗品が強めの毒舌を仕掛けるのは、歓迎できない構図をどうにかしてエンタメにしようという思いなのでしょう。粗品としては、今後第7世代とそれをフリにする先輩との対立構造を浮き上がらせて、そこでバチバチやりながら笑いに変えていきたいという思惑があるのかもしれません」(芸能事務所関係者)

 しかし、粗品が“毒舌キャラ”に移行することに対する心配の声も多い。とある構成作家はこう話す。

「第7世代は、若くしてブレイクしたということで、そんなに泥臭くないのが大きな特徴。クリーンなイメージも強く、毒舌とは決して相性がいいわけではないんですよね。

 たとえば、有吉弘行さんであれば、売れていないどん底の状態で毒舌を吐き、いわば“下剋上”にすることで、毒舌キャラが受け入れられていったというカラクリがあるんです。でも、基本的にはエリートコースを順調に歩んでいる粗品は、売れている状態で毒舌キャラにシフトすることになるので、単純に上から目線で人を貶しているように見えてしまう。今の粗品であれば、よっぽど切れ味鋭い毒舌でないと、笑いに変えにくい現実があると思います」

 どうやら茨の道を選択してしまった粗品。これから大丈夫なのだろうか?

「そもそも粗品は第7世代のクリーンなイメージに満足していないのかもしれません。芸人であるんだから、もっと泥臭さを出していきたいという考えがあるように見えます。ある意味、イメージを大きく変えて、芸人としてステップアップしたいがための、毒舌シフトということなのではないかと思います」(同)

 霜降り明星が牽引してきたお笑い第7世代が、霜降り明星の手で破壊される日が訪れそうだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/05/16 07:00

霜降り明星・粗品が先輩芸人に怒り爆発 「毒舌キャラ」へのシフトを図るも先行きは不安?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真