日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木亮平の主演作で制作サイドの“熱意”の差

鈴木亮平の主演作で制作サイドの“熱意”の差が如実に出たTBSとフジテレビ

文=日刊サイゾー

鈴木亮平の主演作で制作サイドの熱意の差が如実に出たTBSとフジテレビの画像1
TBS『TOKYO MER~走る緊急救命室~』Twitterより

 俳優の鈴木亮平が7月期のTBS系ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に主演し、スーパー救命救急医を演じることが先ごろ、各スポーツ紙などで報じられた。

 同ドラマが放送されるのは、局の看板枠で日曜午後9時から放送の日曜劇場で、『半沢直樹』や現在放送中の『ドラゴン桜』などヒット作を連発しているが、鈴木は同枠に初主演となる。

 各紙などによると、同作はオリジナル作品。救命救急のプロが集まる架空の医療チーム『TOKYO MER』が重大事故・災害・事件の現場で奮闘する姿が描かれ、鈴木はリーダーのスーパー救命救急医・喜多見幸太を演じるという。

 大型バスの多重事故やトンネル崩落など破格のスケール感が全編を貫き、作品の象徴として実際には存在しない特殊医療車両・ERカーが登場。また、鈴木は高度な技術を持つ役柄だけにオペシーンもあり、監修の救命救急医にレクチャーを受けながら、役作りを進めているというのだ。

「コロナ禍で奮闘する医療従事者たちへのエールを送るような作品で、脇役で賀来賢人、中条あやみの出演も発表されている。同枠で鈴木は、NHKの大河ドラマ『西郷どん』の主演後、初のドラマ出演となった『テセウスの船』で好演。同ドラマは高視聴率を獲得したが、主演の竹内涼真よりも”本気”の鈴木の貢献度が高かった。TBSの上層部もかなり期待を寄せている」(テレビ誌記者)

 鈴木といば、現在、初のラブコメディー作品への主演となったフジテレビ系の連ドラ『レンアイ漫画家』が放送中だが……。

 初回は世帯平均視聴率6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)でスタートすると視聴率は右肩下がりで、13日に放送された第6話は5.0%までダウンしてしまった。

「最近、CMスポンサーが参考にしているのは、世帯平均よりも個人視聴率だが、第6話は2.8%で本来ならば打ち切られてもおかしくないレベル。ただ、すでにクランクアップしているので、もうどうにもならない。もともと、フジよりも先にTBSが鈴木にオファーして決定していたが、コロナ禍で放送時期がずれフジの方が先になった。とはいえ、オリジナルで勝負のTBSと、安易にコミックの原作もので勝負したフジの制作サイドの〝熱意〟の差が出てしまった」(芸能記者)

 鈴木は周囲の〝雑音〟を気にせず、次回作の役作りに集中できそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/05/20 16:00

鈴木亮平の主演作で制作サイドの“熱意”の差が如実に出たTBSとフジテレビのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真