日刊サイゾー トップ > 連載・コラム >  パンドラ映画館  > 豪華共演『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.637

映画プロデューサーと詐欺師は紙一重の違い? 豪華共演『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』

映画プロデューサーと詐欺師は紙一重の違い? 豪華共演『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の画像1
『マラヴィータ』(13)以来の共演となったロバート・デニーロとトミー・リー・ジョーンズ。

 星の数ほどの映画がこれまで作られてきたが、ヒットしたのはほんのひと握りの作品だけ。脚本はできていたのに出資が集まらずに実現しなかった企画、制作時のトラブルからお蔵入りしてしまった作品も含めれば、その数はさらに膨大なものになる。ハリウッドはそんな夢の残骸を踏み台にして建てられた幻の楼閣だ。ロバート・デニーロ(77歳)、トミー・リー・ジョーンズ(74歳)、モーガン・フリーマン(83歳)という、ハリウッドの3大シニアスターが豪華共演を果たしたコメディ映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(原題『THE COMEBACK TRAIL』)は、見果てぬ夢を糧にして生きてきた男たちの物語となっている。

 タクシー運転手、伝説のプロボクサー、ベトナム戦争からの帰還兵、マフィアのボス……と多彩な役を演じてきたレジェンド俳優のロバート・デニーロ。彼が今回扮するのは、冴えないB級映画のプロデューサー。舞台は1974年のハリウッド。映画プロデューサーのマックス(ロバート・デニーロ)はアクション映画『尼さんは殺し屋』を公開したものの、史上空前のダダすべり。しかも、キリスト教団体による抗議運動まで起きてしまう。マックスと、彼のビジネスパートナーを務めている甥っ子のウォルター(ザック・ブラフ)はお手上げ状態だった。

 マックスから「大ヒットは確実!」とそそのかされ、『尼さんは殺し屋』に多額の製作費を出資していたギャングのボス・レジー(モーガン・フリーマン)は、怒り心頭。「三日以内にお金を全額返さないと、お前をぶっ殺す」とマックスに言い渡す。だが、マックスには切り札があった。「映画化されればアカデミー賞は間違いなし」と言われている哲学的SF小説『パラダイス』の映画化権を握っており、この権利を他のプロデューサーに売れば借金は返済可能。自分の命か、アカデミー賞か。映画バカのマックスが選んだのは後者だった。

 命をもらいに来たレジーに、マックスはふてぶてしく新しい映画の企画を提案する。といっても実際に映画を作るのではなく、主演俳優に多額の保険金を掛けた上で撮影初日に事故死させ、保険金をがっぽりもらおうという犯罪計画だった。多額の保険金が手に入れば、念願の『パラダイス』を制作することもできる。自分のアイデアに酔いしれるマックス。満面の笑みを浮かべるときのロバート・デニーロは、実に恐ろしい。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真