日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小倉優子はフワちゃんキャラだった?

小倉優子はフワちゃんキャラだった? YouTubeチャンネルより黒歴史動画がバズる事態に…

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

小倉優子はフワちゃんキャラだった? YouTubeチャンネルより黒歴史動画がバズる事態に…の画像1
小倉優子 プラチナムプロダクション 公式サイトより

 人気タレント・小倉優子がYouTubeチャンネルを開設して約2カ月が経った。

 しかし、以前から自身のSNSで告知していたにも関わらず、チャンネル登録者数はいまだに1万人足らず。グラビアで一世を風靡し、人気ママタレントとして活躍してきたことを考えると、少し拍子抜けする数字だ。

 YouTubeライターはこう分析する。

「子供たちと一緒にシフォンケーキを焼いたり、簡単にできる料理のレシピ動画や、自宅のクローゼットを公開するなど、ファンにとってはたまらない内容となっています。しかし、登録者数がイマイチ伸び悩んでいるのは、リアルさが足りないからだと思います。小倉の薬指には結婚指輪がはめられているシーンも見られ、離婚寸前と報じられているのに小倉側は今でも夫婦関係は修復できるものと強調しているところも視聴者から見たら無理をしているように思えるのでしょう。また、昔からのファンには周知の事実ですが、昔の小倉は今と全く違い、フワちゃんのような早口なハイテンションキャラでした。皮肉にも、デビュー当時の小倉が今とは180度違うハスキーボイスではしゃいでいる動画がYouTubeに投稿されており、そちらは100万回再生を超えています。その動画を見た視聴者からは、『今と声が全然違う!衝撃的』『ここまで声を変えられるのもある意味才能』というコメントのほか、『この時のキャラのほうがいいじゃん!』『昔の声のほうが好き』とのコメントも書き込まれています」

 確かに、YouTubeで求められているのは、フワちゃんのような元気キャラ。ゆうこりんも、デビュー当時のハイテンションキャラを引っ張り出して動画を投稿してみたら、バズるかもしれない。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/06/01 17:00

小倉優子はフワちゃんキャラだった? YouTubeチャンネルより黒歴史動画がバズる事態に…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真