日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『コントが始まる』V字回復のワケ

菅田将暉主演『コントが始まる』がドン底視聴率から奇跡的なV字回復を果たしたワケ

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『コントが始まる』公式サイトより

 

 菅田将暉が主演を務める土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)。初回放送で世帯平均視聴率8.9%(関東地区・ビデオリサーチ調べ/以下同)を記録して以降、第2話で8.6%、第3話で7.5%、第4話と5話が7.1%、第6話6.5%と下降の一途を辿っていた。視聴率が重視されない時代とはいえ、この豪華キャストで6%台は厳しいものがある。

 物語も後半戦、もうダメかと思いきや、なんと第7話で6.8%に微増。そして、先週6月5日放送された第8話では8.4%と息を吹き返し、めでたくV字回復となりそうだ。ドラマ好きからも「面白い」と評判なのにもかかわらず低視聴率続きだった『コントが始まる』が、なぜここにきて復活したのだろうか。その理由を考察していく。

芳根京子“神回”でネットニュース大量発生の第6話

 過去最低視聴率を記録した第6話は、実は“神回”であった。というのも、中心人物ではないのにファンが多かった奈津美(芳根京子)が大活躍した回であり、彼氏の潤平(仲野太賀)と奈津美のまさに純愛と言えるストーリーにSNSが大いに盛り上がった回であったからだ。その反響ぶりを受けて、翌日には『コントが始まる』に関するネットニュースが数多く掲出されていた。そのニュースを見た人が「そんなに盛り上がっているなら見てみようかな」と視聴し始めた結果が、7話と8話の視聴率に反映されているのかもしれない。

停滞気味だった物語が動き出した第7話

 物語そのものが面白くなってきたというのも、V字回復を果たした理由のひとつなのではないだろうか。これまで、大人になりきれなかった登場人物たちが、第7話から一人ひとりの道を見つけて歩み出した。瞬太(神木隆之介)は3人で乗っていた車を売り、潤平は家業を継ぐために実家に戻り、里穂子(有村架純)は就職活動を始め、つむぎは里穂子のもとを離れて一人暮らしをはじめた。それぞれが考え悩みモヤモヤしている段階を超えて、動き出したのだ。

 これまでの『コントが始まる』は、作りこまれた脚本の面白さが好評を博していたものの、物語のスピード感はやや停滞気味であった。それが一気に動き出したことによって、ドラマとしての見ごたえがぐっと増した。これによって、良い意味で万人受けするドラマになったというのもあるのではないだろうか。

中村倫也パワーが女性視聴者の心を鷲掴みにした第8話

 8.4%と大きく数字を伸ばした第8話は、春斗(菅田将暉)らによるお笑いトリオ・マクベスのマネジャー・楠木の視点で展開されるストーリーだった。楠木を演じるのは、女性から絶大な支持を集める俳優・中村倫也。これまで仕事の面しか見えなかった彼だが、8話では彼の人間的な部分まで事細かに描かれた。特に終盤の、マネジャーの面接を受けに来たつむぎ(古川琴音)に対して冷静に、それでいて温かく語りかけるシーンに、心を鷲掴みにされた視聴者も多かったことだろう。中村が醸し出す唯一無二の魅力も、数字を押し上げたひとつの要素といってもいいはずだ。

 物語も残すところあと2話となった。このまま視聴率を上げ続けて、有終の美を飾れるのか。まずは今夜放送される第9話に注目したい。

■番組情報
土曜ドラマ『コントが始まる』
日本テレビ系毎週土曜22時~
出演:菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音、鈴木浩介、伊武雅刀、松田ゆう姫、明日海りお、小野莉奈、米倉れいあ(821)ほか
主題歌:あいみょん「愛を知るまでは」(unBORDE / Warner Music Japan)
音楽:松本晃彦
脚本:金子茂樹
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:福井雄太、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
演出:猪股隆一、金井紘(storyboard)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/conpaji/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2021/06/12 16:00

菅田将暉主演『コントが始まる』がドン底視聴率から奇跡的なV字回復を果たしたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真