日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 『ザ・ファブル』ピッタリな顔はまさかのあの人!

岡田准一じゃイメージが違う?『ザ・ファブル』原作ファンが導き出した「ピッタリな顔」はまさかのあの人!

文=与良天悟(よら・てんご)

岡田准一じゃイメージが違う?『ザ・ファブル』原作ファンが導き出した「ピッタリな顔」はまさかのあの人!の画像1
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式Twitter(@the_fable_movie)より

 漫画原作の実写化に違和感は付きものだが……。

 南勝久氏の人気マンガ原作にした劇場版『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日に公開。同日には19年公開の『ザ・ファブル』が『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で地上波初放送となった。

 主演のV6・岡田准一がノースタントでアクションシーンを演じた『ザ・ファブル』は興収17.7億円のヒットとなったが、原作ファンからは厳しい声が聞かれたという。

「岡田が演じる佐藤アキラは都市伝説級の殺し屋。どんな相手も6秒以内に殺すことができ、誰も目撃したことがないことから『ファブル=寓話』と呼ばれるのですが、原作はその別格の主人公が殺しを封印して日常を過ごすと共に、やる時はやるというのが面白さの肝です。しかし、前作に続き今作も岡田のアクションシーンを見どころにするため、同格に近い敵がいたり、大人数の前に岡田が姿を現し、白昼銃撃戦が繰り広げられたりします。海外のヒーローものみたいな雨あられの弾丸の中、絶対に被弾しない主人公より、姿を見せず気付いたら敵がやられているようなシーンが見たかった原作ファンは、モヤモヤさせられたようですね」(映画ライター)

 また、内容以上に違和感を与えていたのが、岡田のルックスだという。

「原作の佐藤アキラは、タレ目でぼんやりした見た目なのに対し、目鼻がしっかりして画面の主張が強い岡田はイケメンすぎるというわけです。そのため、以前からイメージが違うと指摘されていました」(前出・映画ライター)

 そんななか、意外な人物が「リアル佐藤アキラ」として浮上していたようだ。

「将棋の藤井聡太八段の顔が佐藤に瓜二つだという声が続出しています。

<ファブル役は藤井聡太じゃないのか……>
<やっぱり実写版ファブル役は藤井聡太でないと>
<あの目つきを再現してほしい>
<ファブルの主人公が藤井聡太で実写化できてたら、まじで神>

 と、ネット上を賑わせているんです。漫画家の関口かんこ氏は、ネームに詰まって藤井聡太をファブルにする遊びをしていたことをツイートしていましたよ(笑)」(サブカル誌ライター)

 圧倒的棋力で瞬殺する藤井八段のほうが、ある意味、岡田よりもファブル向き?

与良天悟(よら・てんご)

与良天悟(よら・てんご)

1984年、千葉県出身のウェブメディア編集者。某カルチャー系メディアで音楽や演劇を中心にインタビューなどを担当するほか、フリーで地元千葉県の企業の記事なども請け負っている。

最終更新:2021/06/21 12:00

岡田准一じゃイメージが違う?『ザ・ファブル』原作ファンが導き出した「ピッタリな顔」はまさかのあの人!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真