日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 本田翼、製作総指揮のゲームが「クソゲー」認定

本田翼、製作総指揮のゲームが「クソゲー」認定も今度はラーメンのプロデュース業に進出?

本田翼、製作総指揮のゲームが「クソゲー」認定も今度はラーメンのプロデュース業に進出?の画像1
本田翼 STAR DUST 公式サイトより

 6月25日発売の「フライデー」(講談社)が報じた、本田翼とイケメン研修医の熱愛報道にファンが打ちひしがれている。

 交際のきっかけが「オンラインゲーム」だったことで、“チャンス”を逃したとばかりにゲーマーたちは一様に地団駄を踏んでいるが、その反動が思わぬ方向に飛び火しているようだ。

「本田が製作総指揮を務めたゲーム『にょろっこ』が、6月8日にサービス開始となっているのですが、この評判がすこぶる良くないのです。5月の発表会では『製作総指揮を務める本田翼です』と登壇し、颯爽と自己紹介。ゲームのPVを上映した後、内容を意気揚々とプレゼンしていました。同ゲームは、天使チームと人間チームに分かれて戦ういわゆる“非対称型対戦ゲーム”。8人のプレイヤーが天使と人間に分かれ、協力プレイを楽しめる内容となっています。ところが、『全然マッチングしない』『ロード時間が長すぎる』『操作性が悪い』との声が飛び交い、クソゲー認定されてしまっているようです。ともあれ、おそらく彼氏ともプレイ済み……みたいなことを妄想して、悔しさから毒づいている人も多そうですね」(エンタメ誌ライター)

 得意のゲームで低評価を食らった本田だが、すでに次なるプロデュース業が舞い込んできているという。週刊誌記者言う。

「ラーメン業界からオファーが来ているようです。本田はラーメンマニアとしても知られ、『ラーメンはカウンターで一人で味わうもの』というこだわりがある。好みはとんこつ味で、山盛りのにんにくは欠かせないんだとか。彼女がCMに出演した明星食品『明星 チャルメラ 宮崎辛麺』の売り上げは、1.6倍になったそうですから、ラーメン好きからも支持をされているのは間違いない。ゲームよりも相性がいいかもしれませんね」

 プロデュースが実現した折は、彼氏とにんにくまみれのクサい仲に?

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/07/01 17:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed