日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 森七菜、不義理移籍でドラマ界から干されモードも…

森七菜、不義理移籍でドラマ界から干されモードも… 出版界からは熱視線を浴びるワケ

森七菜、不義理移籍でドラマ界から干されモードも… 出版界からは熱視線を浴びるワケの画像1
森七菜 SMA 公式サイトより

 7月14日に放送される『2021FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)の第2弾出演アーティスト11組が発表され、その中に女優の森七菜が名を連ねたことが話題を呼んでいる。

 森といえば、前事務所との契約がまだ残っているにもかかわらず、今年1月にソニー・ミュージックアーティスツに電撃移籍。しかし、業界内外からは「義理もなにもない」「あんな自分勝手がまかり通ったら芸能界は終わる」と集中砲火を浴び、風向きは一変。テレビで見る機会が減少していた。

「芸能メディアもそれまで好意的だったのが手のひら返しで、ドラマの出演期間が空いただけで『干された』とネガティブキャンペーンが始まる始末です。秋には同じフジテレビの『世にも奇妙な物語 ‘21秋の特別編』に出演することも決まっていますが、森のステージママと関わるのが嫌で、マネージャーを志願する人もいない模様。現在は二階堂のマネージャーが現場に同行しているようですが、事務所の態勢が整っていないため、連ドラではなく単発番組が精一杯の状況なのでしょう」(芸能関係者)

 森の移籍は同事務所に所属する二階堂ふみと19年にNHK朝ドラ『エール』で共演したことで橋渡しされたと言われているが……

「実際のところ、二階堂は一切かかわっていないようで、誤解されたことで森とは距離を置くようになっているとか。移籍問題で降板になった仕事も多く、森には内からも外からも冷たい視線が注がれる状況のようです」(前出・芸能関係者)

 一方で、森にラブコールを送るのが出版界だという。

「森がグラビアアイドルばりのスタイルだということは、ファンの間では有名な話。ところが20年8月に発売されたファースト写真集は、水着カットのないおとなしい内容でした。森が再びメディアで注目されるには大きなフックが必要で、『写真集が大ヒット』というのが一番手っ取り早い。こうした写真集を巡って、水面下ですでに争奪戦が始まっていると聞きます」(出版関係者)

 森は再び「主演女優」に返り咲くことができるだろうか。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/07/06 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真