日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小倉ゆうか、インスタライブでアンチをコバエ扱い

小倉ゆうか、アンチをコバエ扱い―インスタライブの発言にまたアンチが湧く悪循環

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

小倉ゆうか、アンチをコバエ扱い―インスタライブの発言にまたアンチが湧く悪循環の画像1
小倉ゆうか 公式サイトより

 グラビアアイドルの小倉ゆうかが6月30日に行ったインスタライブの中で、ふと漏らした発言に注目が集まっている。

 メイク中に和やかな雰囲気でライブがスタートし、ファンのコメントを読み上げていた小倉。終盤にファンから、「アンチのことどう思いますか?」との質問には、「どうも思わない!」と、少し引きつった笑顔で答えた。しかし、その後はさらに発言がヒートアップしていったようだ。

 ライブを見ていた芸能記者がこう話す。

「アンチに対し、『ファンの方からのコメントが来ているところに入り込んでくると邪魔って思う』と、一蹴。さらには、『コバエ程度』と、アンチをブッタ斬ったんです。顔こそ笑っていたものの、発言からして完全にブチキレている様子でした。ご存知、有名格闘家ユーチューバー・朝倉未来と交際していることで、小倉には一定数のアンチが存在するのですが、これについても、『お互い(交際を)認めているのに、匂わせって言ってくる奴に言いたいのは、知ってるでしょって』と、サラリとかわしています。この強気発言には、『アンチがコバエって、お前は何様?』『品のなさ。彼の価値まで下がるよ?』という批判の声もある中、『未来くんが大切にしてる方を嫌な思いにさせるのやめてほしいですね』『アンチに対しての発言、はっきりしていてかっこよかったです。応援しています!』と、絶賛するコメントも書き込まれており、賛否両論が巻き起こっています」

 先月のインタビューで小倉は、中国での活動に意欲を見せ、語学も勉強していると語っていた小倉。視野を広げ、海外にはばたいていく彼女には、ネット上のアンチコメントなどは小さな出来事であり、まさに「コバエ程度」なのかもしれない。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/07/06 22:00

小倉ゆうか、アンチをコバエ扱い―インスタライブの発言にまたアンチが湧く悪循環のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真