日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小倉優香の降板騒動で元AKB48に影響

元AKB48メンバーにとばっちりも? 小倉優香、降板騒動の余波

文=日刊サイゾー

小倉優香(エイジアプロモーション公式サイトより)

 レギュラー出演するMBSラジオ『アッパレやってま~す!水曜日』の本番中に、「やめさせてください」といきなり降板を直訴したタレントの小倉優香だが、念願かなって晴れて番組降板となった。

「本番中の“やめさせてください”発言は前代未聞。本人は数カ月前から、事務所と相談していたみたいですが、だからといっていきなり仕事を勝手に投げ出すのはありえない。小倉はもう、いつ何をしでかすかわからないというイメージが付いてしまった。まともな番組なら、小倉優香に出演オファーはできませんよ」(テレビ局関係者)

 騒動の影響は、小倉本人の今後だけでなく、小倉が所属するエイジアプロモーションにも及びそうだ。

「小倉の一件で、エイジアが“要注意事務所”になってしまったのは事実でしょう。タレントをしっかりコントロールできていないということが露呈してしまったわけですからね。このまま小倉は退社するという流れになっているのかもしれませんが、いずれにせよエイジアのタレントを起用しにくくなった面はあります」(同)

 益若つばさ、高橋メアリージュン、島袋聖南など、モデルが多く所属しているエイジアプロモーション。彼女たちの活動にも影響が出そうだ。

「ヘタすれば、MBSはエイジアを出禁にする可能性もあります。ほかの局も、エイジアに対しては“様子見状態”となるかもしれない。事務所全体の仕事が減ってしまう可能性もあります」(同)

 そんななか、最もとばっちりを食らいそうなのが、元AKB48の大和田南那だという。

「大和田は2017年にAKB48を卒業し、エイジアの所属となりました。今は主にグラビア仕事が多いんですが、最近は女優仕事も増えてきている。Netflixの『呪怨: 呪いの家』での演技もなかなか好評で、若手女優の注目株になりつつある。それこそ、小倉と同様に、グラビアと女優の2本柱でブレイクしそうなんです。しかし、勝負どきのタイミングで小倉の乱が起こってしまった(苦笑)。小倉の一件のせいで大和田に声がかかりづらくなったりしたらかわいそうですよね」(グラビア誌関係者)

 掟破りの“やめさせてください”発言は、とんでもない遺恨を残すことになりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/28 18:00

小倉優香、ラジオ降板騒動で所属事務所はメディアから干される? 元AKB48メンバーにとばっちりものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真