日刊サイゾー トップ > 芸能  > 溺愛された『孫』の現在

「なんでこんなに 可愛いのかよ」溺愛された『孫』の現在。8年の冷戦の後に訪れた祖父との和解

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「なんでこんなに 可愛いのかよ」溺愛された『孫』の現在。8年の冷戦の後に訪れた祖父との和解の画像1
大泉逸郎「孫/これから音頭」

 7月5日放送『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に“日本一有名な孫”が登場した。大泉逸郎の大ヒット曲『孫』で「なんでこんなに 可愛いのかよ」と歌われたあの孫が波乱万丈の人生を語ったのだ。

『孫』が発売されたのは22年前の1999年。通算売り上げ230万枚というダブルミリオンを達成しており、当時のオリコンチャート週間ランキングでは4位『今夜月の見える丘に』(B’z)の1つ上の3位にランクイン。

 そんな歴史に残る名曲に「じいちゃん!」と可愛らしい声を吹き込んだ孫が、現在27歳になるシンタロウさんである。賀来賢人に似た今風のイケメンだ。大沢親分の孫だった大沢あかねも知名度はメジャー級だが、孫という肩書に限定して考えるとシンタロウさんこそ“日本一有名な孫”の称号にふさわしいと思う。

ちなみに、『孫』の大ヒットで大泉逸郎は建設費1億円の“孫御殿”を建設した。同曲に「じいちゃん!」の声を吹き込んだシンタロウさんは、果たして歌唱印税を受け取ったのだろうか?

『孫』と大泉逸郎の8年にわたる大ゲンカ

 当時、大泉への追い風は物凄かった。山形ののどかな田園風景に突如現れた“孫御殿”が観光バスツアーのコースになるわ、「山形県 孫様」と書いただけで大泉宅にファンレターが届くわ(後者の情報は2004年1月1日放送『トリビアの泉』で紹介済み)。さらに、山形県の道徳の教科書に「家族のきずな」と題して大泉のエピソードが掲載されたほどだ。まさに、“孫バブル”!

カズ 「そこ(大泉のエピソード)から何を学ぶんですか? 孫ダシにして金稼いだ話ですか(笑)」
若林 「あるだろ、学ぶこと! お前、道徳の授業受けて来いよ」

 余計な一言でツッコミを入れるゲストのカズレーザー。しかし、核心を突いている。大泉は2000年に『孫びいき』、2002年に『孫 女の子バージョン』を立て続けにリリースしているのだ。THE 虎舞竜『ロード』ばりに孫ばなれしない大泉。しかも、シンタロウさんは正真正銘の1人孫である。大泉に女の子の孫は存在しない。

 悲しみのステージは続く。実は、『孫』で作詞を担当したのは大泉本人ではなく、大泉の茶飲み仲間の荒木良治だったのだ(大泉は作曲を担当)。その事実に気付いたシンタロウさんは混乱する。

「当時、10~11歳の自分には理解ができなかったところがありましたね……」(シンタロウさん)

『孫』だけではない。『孫びいき』『孫 女の子バージョン』の作詞も荒木によるものだ。

「座付き作家じゃん、もう! いつも2人でファミレスでやってるんだよ。『どうする?』って」(若林)

 大泉と荒木の関係性が、若林とサトミツことどきどきキャンプ・佐藤満春のそれと妙に被る。事実、荒木の功績はとてつもなく大きい。はっきり言って、「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝もの」という歌詞が『孫』爆売れの原動力なのだから。

 ただ、シンタロウさんは歌詞そのものにも引っかかっていた。「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝もの」という一節を読めばわかる。自分のためでなく、孫のいる世代なら誰にでも当てはまる普遍的なフレーズしかこの曲には出てこない。

「おじいちゃん、おばあちゃんだったら誰だって思いますよね」(シンタロウさん)

 いや、誰もが共感できる普遍的な歌詞だから売れたのだけれど、幼き彼がそれを理解するのは難しかった。

 その後、シンタロウさんは大泉と衝突する。小学生時代、学校に登校しようと急いでいたシンタロウさん。しかし、玄関を開けようにもなかなか開かなかった。庭で水を撒いていた大泉のホースが開閉の邪魔になっていたのだ。「急いでいるのに扉が開かない!」とシンタロウさんが騒ぐと、大泉は「お前が中心じゃないんだ!」と激昂。以来、祖父と孫は8年言葉を交わさなくなった。曲が全く関与しないところで勃発した不毛な冷戦。そんな緊張状態のさ中、2007年に大泉は新曲『孫も大きくなりました』をリリースする。

「もう、率直に『ふざけんなよ!』って思いました。どんだけ、私の名前を使って金を稼ぐんだと」(シンタロウさん)

 8年会話していない孫でもう1発当てようとする大泉。ケンカ中でも孫シリーズの新曲を出す頑なな“ロード方式”には感心すらしてしまう。

123

「なんでこんなに 可愛いのかよ」溺愛された『孫』の現在。8年の冷戦の後に訪れた祖父との和解のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ジャッキー・チェンが驚愕の反香港・親中共発言!

 香港を代表するアクションスター、ジャッキー...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(4)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 【「天涯...
写真