日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 賀喜遥香が選抜発表前のブログに“隠し文字”

乃木坂46・賀喜遥香が選抜発表前のブログに“隠し文字”でセンターの意気込みを語っていた!?

文=日刊サイゾー

乃木坂46・賀喜遥香が選抜発表前のブログに隠し文字でセンターの意気込みを語っていた!?の画像1
嘉喜遥香 乃木坂46 公式ブログより

 9月22日に発売される乃木坂46の通算28枚目シングルの選抜メンバー21人が8月15日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で発表され、4期生の賀喜遥香がセンターに抜擢されたことがわかった。

 25枚目シングルのカップリング曲『I see』ではセンターを務めているが、表題曲センターは初めてとあって、番組内で涙を浮かべ「何で選んでもらったんだろうなって」と戸惑いつつ、「みんなに認めてもらえるように、応援してもらえるような人になれるように頑張ります」と決意を語っている。

「賀喜は4期生が表題曲に参加するようになった24枚目から5曲連続でセンター入りしています。カップリング曲センターの経験もあるので、運営も心配は少なかったはずです。また、最近重視されていると見られるミート&グリート(握手会の代わりにオンラインで行われているもの)の成績でもその人気ぶりは抜き出ていましたから、多くのファンも『賀喜センター』を歓迎しているようです」(アイドル誌ライター)

 そんななか、賀喜が“ある場所”でセンターとなる意気込みを語っていたことが、一部のファンの間で盛り上がっているという。

「コアなファンにしか知られていないことですが、賀喜は自身のブログの中で“隠し文字”を使ったファンサービスをしています。これはブログの最後の空白部分を見ている側の媒体でコピーして他の場所にペーストすると、文字が現れるというもの。おそらくは文字のカラーを白にして背景と同化させることで見えなくさせていると考えられ、賀喜のモバイルメール(有料メール受信サービス)でもたびたび用いられているギミックです」(アイドル誌ライター)

 例えば、8月8日の「はたちになりました!」というブログの最後には「プルスウルトラ! はるか」という文言が隠されていたが――。

「『プルスウルトラ』とは、賀喜が以前から好きだと公言している人気漫画『僕のヒーローアカデミア』内で主人公らが通う国立雄英高等学校の校訓で、“もっと向こうへ”“さらなる前進”という意味です。このブログが更新された時点では選抜発表は世間に公表されていなかったのですか、今から考えると、センターに抜擢された賀喜の決意表明だったとも考えられます。この隠し文字の存在はファンサイトでも大きな話題とはなっていないので、ほとんどのファンはそのままスルーしていたと思われますが、ギミックに気が付いた人は大興奮したでしょうね」(前出・アイドル誌ライター)

 8月5日には東京オリンピックでは、1月に『朝日新聞DIGITAL』でZOOM対談した卓球の平野美宇がみごと団体で銀メダルを獲得している。賀喜も次は自分の番だと大いに刺激を受けていたのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/09/17 14:24

乃木坂46・賀喜遥香が選抜発表前のブログに“隠し文字”でセンターの意気込みを語っていた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真