日刊サイゾー トップ > 芸能  > 綾瀬はるか「上級国民」疑惑だけじゃない!

綾瀬はるか「上級国民」疑惑だけじゃない! コロナ感染で世間がモヤモヤしたこととは?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

綾瀬はるか「上級国民」疑惑だけじゃない! コロナ感染で世間がモヤモヤしたこととは?の画像1
綾瀬はるか ホリプロ 公式サイトより

 一日も早い回復を願うばかりだが、世間はモヤモヤしたものを感じているようだ。

 女優の綾瀬はるかが、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった。

「所属するホリプロによると、綾瀬は8月20日夜、微熱があり抗原検査を行ったが陰性。翌日もPCR検査も受けたがこちらも陰性。症状は治まってきたものの、その後発熱が続いたため抗原検査をしたところまたもや陰性。しかし26日、再診し抗原検査を行ったところ、新型コロナの陽性反応が出たとのこと。綾瀬は副反応で仕事に支障が出るおそれがあることから、ワクチンは未接種で、9月になってから接種する予定だったといいます」(芸能記者)

 綾瀬は自宅療養をしていていたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。 幸い、現在は回復に向かっているという。

「しかし、感染拡大により救急搬送されても入院先が見つからずに、自宅療養を余儀なくされるケースも多いご時世。そんななか、国民的女優である綾瀬が即入院できたことには、ネット上で『上級国民』『不公平』と怨差の声が飛び交っています。綾瀬が悪いわけではないとはいえ、肺炎と診断されても薬をもらって自宅放置された患者も大勢いる状況ですから、こうした報告には納得いかなかいという声が上がるのも致し方ない部分はあります」(週刊誌記者)

 さらにもう一つ、綾瀬の新型コロナ感染で世間が疑問視していることがあるという。前出の週刊誌記者が続ける。

「綾瀬の新型コロナ感染は『NEWSポストセブン』(小学館)が報じ、その後にホリプロが公にした形です。同事務所では石原さとみも1月に新型コロナに感染していますが、この時も第一報は『NEWSポストセブン』だった。当時の石原は4月期のドラマ『恋はDeepに!』(日本テレビ系)の撮影中でしたが、まだ発表前だったため、事務所も迷って公表が遅れたと思われますが、その対応には『バレなかったらそのまま隠していたはず』『非公表にしていた理由もちゃんと公表しないとさすがに印象が悪すぎる』と、批判が出ていました。綾瀬の場合も、報道がなければ感染を公表しなかった可能性があり、またぞろ事務所の対応の不手際が指摘されています」

 多くの著名人があえて個人情報である感染を公表しているのは、共演者やスタッフ、マネージャー、取材相手など関わる人たちなど職場クラスターを防いだり、新型コロナの恐怖を知らしめて予防に繋げてもらうという側面もある。大女優であるほどに関係者が多だけに、対策対応を調整するのにも手間がかかることもあるだろうが、こうした事務所の対応の不手際は、そのタレントのイメージ低下にも繋がりかねない。関係者が多いこそ、迅速な公表が求められるのは間違いない。

「その一方で、『適応障害』と診断され5月以降、治療のため休養していたホリプロ3人娘の深田恭子は9月2日に、自身のインスタグラムで活動再開を報告しました。しかし、わずか3カ月あまりでの復帰には『心配』との声が続出。ここでも、同事務所のタレント管理能力に疑問符がつけられています」(前出・芸能記者)

 事務所の大黒柱とはいえ、くれぐれも無理はさせて欲しくないものだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/09/09 06:00

綾瀬はるか「上級国民」疑惑だけじゃない! コロナ感染で世間がモヤモヤしたこととは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真