日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「世界一ダサいジャケ」はNZ歌姫のお尻!?
J-ROCKジャケット進化論【2】

世界中でクソコラ祭り開催中!「世界一ダサいジャケ」はNZの歌姫のお尻!?

文=古寺雄大

――アートワークは時にその「ダサさ」が注目を集め、アーティストよりもそのジャケットの知名度のほうが高いこともある。そして、今年も新たなダサいジャケットが登場した……!(「月刊サイゾー」2021年7.8月合併号 【裏“ヒットソング” 】特集より転載)

世界中でクソコラ祭り開催中!「世界一ダサいジャケ」はNZの歌姫のお尻!?の画像1
肝心の楽曲は夏っぽい清々しいサウンド。

 ニュージーランドのシンガーソングライター、ロード(Lorde)の4年ぶりの新曲が世界中で話題を呼んでいる。

 2013年、16歳の時にリリースしたデビューシングル「Royales」が世界的な大ヒットとなり、第56回グラミー賞で最優秀楽曲賞、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した彼女は、その若い才能を信じたくない人々によって年齢詐称疑惑を突きつけられたりと、良くも悪くも注目を集めてきたが、今回の新譜も変な注目のされ方をしている。

 今年の6月、突如としてロードの公式ホームページに「2021年に来る……忍耐は美徳なり」という文字と新作のアートワークと思われる画像が掲載され、21年内に「Solar Power」と題されたプロジェクトをリリースすることが発表された。世界中のメディアはこぞって報じたが、その一方で黄色いロンTとTバック姿のロード自身と思われる女性が、ビーチで飛び跳ねている姿をローアングルからとらえたアートワークは、「何かがおかしい」と変にバイラル。

 SNS上では「『進撃の巨人』の獣の巨人と戦うロードのお尻」や「サッカーの練習をするロードのお尻」など、山のようにクソコラとも呼べるミームが出現。

 当然、これらのクソコラは本人の元にも届いたようで、ロードはオーストラリアの番組のインタビューで「人生においてみんなから自分のお尻を見られるというのは、ほかにはない経験」とコメントしていた。

 ちなみに、このアートワーク、お尻の割れ目が写っているのはマズいからか、「謎の光の反射バージョン」もある。

(文/古寺雄大)

最終更新:2021/09/15 12:00

世界中でクソコラ祭り開催中!「世界一ダサいジャケ」はNZの歌姫のお尻!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『青天を衝け』慶喜と栄一の再会シーンにおける虚実

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真