日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 荒井晴彦監督『火口のふたり』 なぜ映画はヌードを撮るのか?

荒井晴彦監督『火口のふたり』 なぜ映画はヌードを撮るのか? モラルや常識を剥ぎ取り映し出すむき出しの〝生〟

文=宮下かな子(みやした・かなこ)

荒井晴彦監督『火口のふたり』 なぜ映画はヌードを撮るのか? モラルや常識を剥ぎ取り映し出すむき出しの〝生〟の画像1
イラスト/宮下かな子

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。

 100冊に絞るとまではいきませんが、順調に、家にある本の整理が進んでいます。

 改めて再読してみたり、手放すものもあったり。高校生の頃から読了本を記録しているサイトがあるのでその時の感想の記録と比較してみると、かなり変化があって面白い。そのサイトの記録によると、私は8年間で約600冊の本を読んできたらしいです。マンガも含まれた冊数だし、年平均にすると75冊くらいなのでそれほど多くはないかもしれませんが、今後は大切な本が自分の血肉となるよう、もっと深く読み込んでいけたらなぁなんて思いながら、本棚と向き合っています。

 さて、話は大きく変わりますが実は最近、約2年ぶりにグラビア撮影をしました。

 今後お芝居で、色気のあるちょっぴり大人な役柄にも挑戦出来たらという思いもあり、雑誌媒体ではなくまずは作品撮りとして形にしてみようというお話になったんです。グラビアのお仕事を始めたのは3年前、その時もアミューズに所属してまもなく、自ら提案したのがきっかけでした。グラビアは普段から雑誌で見ることもあって、純粋に好きなお仕事。雑誌のほうのサイゾーのグラビアも、唯一無二なアーティスティックな雰囲気が好きで密かなファンだったので、念願叶っての表紙グラビアでした(月刊サイゾー2020年1月号)。

 今回の作品撮りを通して自分でもよく分かったのが私自身、露出することにそれほど抵抗がないということ。以前よりも肌露出を増やし自分がどこまでいけるのか、グラビアの限度を探ってみようと挑んだのですが、ここまでいけちゃうんだ!と我ながら驚き、自分を知る良い機会にもなりました。

 写真を見てみると、以前より生っぽく仕上がっていて、マネージャーさん的SNS掲載NGな写真もちらほら(笑)。許可がおりた写真はSNSに徐々に掲載していきますので、良かったら覗いてみてください。

 露出の限度というのは、本当に人それぞれ。私も抵抗がないとは言えヌード作品となると、話はまた変わってきます。

 グラビアを始めて何度か雑誌に掲載して頂いていた時期のこと。タイミングもあったのか、実はヌードシーンのある役のお話が多々ありました。役柄を魅力的に感じ、悩んだものもあったのですが結局、出演の決意には至りませんでした。

 女優のお友達とそのようなお話をしたことは何度かあって、「家族が喜ばない仕事はしないと決めている」と言う女優さんもいるし、「あんまり気にしていない」と言って実際に演じている女優さんもいる。そもそも、グラビアの水着どころか、脇見せNGの女優さんもいる。

 メディアでは、ヌードシーンがあるとなると〝体当たりの演技!〟と見出しが付いたり、脱いだら頑張ってるだとか、過剰な称賛の声もよく耳にします。

 周囲のさまざまな意見が飛び交う中、自分だけのものではない身体を“どこまで表現として他者に見せられるか”というのは、やはり自分自身の心と向き合い決断する問題であり、端くれな私が大変恐縮ですが、女優業の身として、私も意見をしっかり持たなくてはと思っています。

 年齢を重ね、今一度考えるきっかけになるのではと思い今回は、荒井晴彦監督『火口のふたり』(2019 ファントム)を選びました。

123

荒井晴彦監督『火口のふたり』 なぜ映画はヌードを撮るのか? モラルや常識を剥ぎ取り映し出すむき出しの〝生〟のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真