日刊サイゾー トップ  > 綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(綱島編)

綱島「住みたい街160位」でも注目…新駅開業で中古不動産が上昇傾向?

 今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱島」と「新綱島」2駅利用可能になり、利便性が高まる注目のエリアを見てきました。該当地域は大きく工事が行われ、これから大きく変わりそうな感じです。

 横浜市港北区に位置する「綱島」は、既述の通り、22年に相鉄・東急直通線が開通し、「綱島駅」と「新綱島駅」の2駅が利用できるようになるため、増々利便性が高まる注目の街です。

 また、20年12月に『人生最高レストラン』(TBS系)では、女優・常盤貴子さんが「ガラス越しに憧れた“純喫茶”」として紹介したのが綱島にある「オークラ珈琲館」でした。

 綱島はチェーン店ではない地元の喫茶店や老舗洋食店など個性的な店が目立ち、東急東横線の中では親しみやすい庶民的な街です。

 ただ、株式会社リクルート住まいカンパニーが発表した「住みたい街(駅)ランキング(関東編)2021」では、前年129位だった綱島は、得点が10点減って順位は160位にまで下落しました……。

 一方、今回新たに設けられた「徒歩や自転車での移動が快適」ランキングでは、綱島が関東圏の4位に入りました。

 神奈川県ながらも都心にアクセスの良い綱島はこれから新駅ができ、利便性向上で注目されています。

 しかし、不動産を購入するポイントとしては、それだけでは不十分だと思います。そこで、この記事では綱島の利便性や将来性、街の特徴について、可能な限り定量的に不動産を購入する観点から詳しく解説していきます。

 マンション等の住宅の購入を検討している方は最後までは読み、参考にしてみてください。

 

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed