日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > 「混ぜるな危険」の行き着いた先

〈dj honda×ill-bosstino〉互いのプライドがぶつかり合う「混ぜるな危険」の行き着いた先

文=大前 至

レジェンドDJとするHIPHOPの答え合わせ

〈dj honda×ill-bosstino〉互いのプライドがぶつかり合う「混ぜるな危険」の行き着いた先の画像3
cherry chill will.

――今回のアルバムを聞いて思ったのは、世代の違う2人がやることでヒップホップシーンの過去・現在・未来が繋がっていくよいうなイメージがあったんですが、アルバムを作るにあたって全体像みたいなのは考えていましたか?
 
BOSS とりあえず曲をたくさん作って、10曲ぐらいできたときに1回並べて、足りない方向性の曲を肉付けして全体を整えていく作業、っていうのは今までと変わらなかった。リリック面では、THA BLUE HERBだったら日本のヒップホップシーンでの自分たちの位置付けや、日本のヒップホップの歴史に対しても、挑発を含めて目配せをして作るんだけど、hondaさんはそこはまったく構ってないから。良いビートと良いヴァースがあれば良い曲ができるっていうだけで。だから、ビートに対してヴァースで応酬することを延々と続けていく感じだった。
 
――THA BLUE HERBでやっていることもヒップホップなんだけど、今回のアルバムはもっと剥き出しというか……。
 
BOSS それは目の前にあるヴァースとだけ勝負して、他のことに構ってないからだと思う。hondaさんの真っ暗な密室のスタジオの中で、ビートと言葉だけで良い曲作る、本当にそれだけに集中する作業というかね。

――〈ビートと言葉〉というのは、今回のアルバム収録曲「KILLMATIC」のリリックにもありましたね。リリックで言うと「A.S.A.P.」の〈BOSS もうそれでいい無駄に手を加えるな これでいい〉というのも印象的でしたが、実際にレコーディングでhondaさんに言われたことですか?
 
BOSS そうそう。俺がいつも使っているスタジオのエンジニアだったら、一言でも納得いかなかったら100回でも録るし、3カ月にわたって1曲録るとかもあり得る。でも、hondaさんから「ここで決めろよ」みたいなヴァイブスを感じるときがあって(笑)。実際にhondaさんが口に出してるわけじゃなく、俺が勝手に感じているだけなんだけど、hondaさんと2人っきりだから、勝手にプレッシャーを感じちゃうんだよね。だから、今回のほとんどの曲は1回か2回、多くても録りは3回で終わり。どうしても納得がいかなくて直したいときでも、hondaさんに「もういいって」とか言われつつ。
 
――(笑)。
 
BOSS でも、基本的には3回で終わり。多少のズレがあっても「これでいい」って。まあ、ヒップホップっていうのはそういうもんだっていうか、それも頭ではわかってたんだけどね。hondaさんにそう言われて、また改めて思い出しというか。
 
――「A.S.A.P.」ではhondaさんの昔の話も出てきますね。
 
BOSS スタジオにいると、例えば「ウータン・クランに会ったことあるんですか?」とか「クイーンズでビートナッツとつるんでて、何をして遊んでたんですか?」とか、そういうのをやたら聞きまくっちゃって。
 
――ヘッズの頃の気持ちに戻って(笑)。
 
BOSS そう、超ヘッズに戻って、「ウエストコーストの誰が好きでした?」とか「ナズが出てきたときって、どういう感じでした?」とか、そういった疑問に全部答えてくれて。

 俺は90年代初頭にヒップホップを好きになったけど、当時はネットもないし、札幌だしね。自分で想像するしかなかったヒップホップの答え合わせをさせてもらった感じだね。ある意味、それがレコーディングの時間の一番の楽しみでもあった。その中で当時のhondaさんの話も出てきて。これはhondaさんにも言ったんだけど、hondaさんが日本に帰ってきて、日本のラッパーとつるみ始めていろんな曲を作り出したときに、曲のクオリティは高いのにhondaさんの見せ方や伝え方が十分じゃないなと思っていたんだよね。俺だったらhondaさんがこれまでやってきたことをきちんと説明して、うまく伝えられると思っていたからこそ、「A.S.A.P.」のような曲は絶対に作りたかった。

――今やA.S.A.P.(編註:ASAP PRODUCTIONS=DJ YUTAKA、dj honda、DJ BEATらによるDJ/プロダクションチーム)という名前さえ知ってる人は少ないでしょうしね。ちなみに個人的にすごく好きな曲が「REAL DEAL」なんですが、THA BLUE HERBやソロ名義の『IN THE NAME OF HIPHOP』でもやっていなかったような、ゴリゴリのヒップホップで。
 
BOSS hondaさんならではのファンキーなヒップホップだよね。今までだったら絶対にやらないビートだし、すごく楽しかったし、やってよかった曲だね。

1234

〈dj honda×ill-bosstino〉互いのプライドがぶつかり合う「混ぜるな危険」の行き着いた先のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真