日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > オアシズが女性芸人の変化の潮目だった!?

オアシズが女性芸人の変化の潮目だった!? 男化せずに自分らしい笑いを貫いた功績

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

オアシズが女性芸人の変化の潮目だった!? 男化せずに自分らしい笑いを貫いた功績の画像1
オアシズ・光浦靖子(写真/Getty Imagesより)

 11月4日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「SNS気にしすぎ芸人」を見ているときにふと出演していた蛙亭のイワクラさんに目が止まった。

 理由はテレビに出始めた頃よりも格段に、女性らしく綺麗になったからだ。華やかなオーラもあり、メディアへの露出が彼女を垢抜けさせたのだと思った。同じ回にぼる塾の田辺さんも出演しており、着ていた衣装が可愛らしく、本人のキャラと非常に合っていてこちらもやはり華があった。

 そう思った次の瞬間、一昔前ならこんな目で女芸人を見ることは無かったと気づいた。

 今回は”女芸人の変化”に焦点を当て”女芸人”を女性として見ることができていなかった元芸人の立場から、分析していこう。

 そもそも先ほどから連呼している”女芸人”という言葉は今の時代にそぐわない。今は”女性芸人”と呼ぶほうがしっくりくる。

 近年の女性芸人は、丁寧にヘアメイクをし、お洒落な服装でテレビは出演している。テレビ局にヘアメイクがおり、ある程度テレビに出るようになると専属のスタイリストをお願いするようになる。

 さらには渡辺直美のように自身のブランドを立ち上げ、若者のファッションアイコンになったり、その活躍はお笑い界だけには留まらない。彼女たちの可能性を広げたのは、間違いなく”女芸人時代”を生き抜いてきた諸先輩方の苦労と功績があったからこそである。

 もともとなぜ”女芸人”は化粧をしたり着飾ることをしなかったのか。それは間違いなく「芸人」という職業が男性中心のものだったからだ。従って芸人を目指す女性たちは男性と同じような芸をすることを当たり前とし、どれだけ感覚を男性に近づけ、如何に女性としての羞恥心を捨てるかという事を求められた。

 僕が子供だった頃、茄子の被り物をして下ネタを連発していた久本雅美さんや、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ)の「山崎VSモリマン」という企画で山崎方正さんとプロレスをとり脚光を浴びたモリマンのお2人、そして今でも第一線で活躍し、男芸人よりも体を張ってきた森三中など、ある意味、いわゆる女性の部分を捨てて男に混ざって同等に笑いをとり、その地位を不動のものとした女芸人は当時一目置かれる存在だった。

 もちろん当時もそういったタイプばかりではない。女性タレントを目指していたが喋りすぎたがゆえお笑い芸人にさせられたオセロさんのように、別の武器を活かし人気者になった芸人もいる。

12

オアシズが女性芸人の変化の潮目だった!? 男化せずに自分らしい笑いを貫いた功績のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

さらば・森田唖然「やっぱりFANZAや」

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真