『青天を衝け』大総括! 渋沢や慶喜のクリーンな描かれ方は「大河の朝ドラ化」!?

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

渋沢栄一と徳川慶喜の描かれ方に見る、大河ドラマの「朝ドラ化」

『青天を衝け』大総括! 渋沢や慶喜のクリーンな描かれ方は「大河の朝ドラ化」!?の画像2
渋沢栄一

 老後も性愛を強く求める渋沢のような人物を「老いてもますます盛ん」などと世間はひとくちに語ってしまいますが、渋沢の場合、実の家族からも世間からも偉人として祭り上げられてしまった息苦しさの中で、生身の自分を見せられた相手は愛人女性しかいなかったのでは……という話を前回のコラムでもしました。“老いの孤独”“老いの悲しみ”といった負の要素は、史実の渋沢にも確実にあったと思われます。

 しかし、ドラマでは最終回においてもそういった部分は見えてはこず、“生涯現役の超人”としての一面ばかりが目立ってしまった印象がありますね。

 世界を股にかけて飛び回った凄い人・偉い人としてはそれなりに詳しく描かれましたが、それだけでは渋沢の内面の真実は見えてこない。そういう意味で『青天』の後半は不満が残るところがありました。一人の人物を深堀りできる大河ドラマという枠だからこそ、大森先生の筆力で、渋沢のドロドロとした、偉人とは呼べない部分にももうちょっとタッチしていただけていたら、「きれいにまとまった」以上の感想を持てた気がするのですが……。最終回のタイトルが「青春は続く」だったことにも明らかですが、『青天』の渋沢は、老いても蒸留水のような清らかさのままでしたからね。

 これは何も渋沢だけではなく、たとえば史実では“愛妻家”などとは絶対にいえない徳川慶喜の描き方にも同じことが言えたのですが、あまりに美しく、クリーンに描かれすぎてしまったな……という残念さを感じました。

 それこそ大河ドラマの「朝ドラ化」という言葉を思い出してしまうほど。

 大河ドラマの朝ドラ化は、2008年の『篤姫』以来、何度も指摘されています。しかし、当の「朝ドラ」(連続テレビ小説)そのものは近年、現在放送中の『カムカムエヴリバディ』もそうですし、昨年放送された『おちょやん』なども、キレイごとではない、人生の負の部分もキッチリと描いている印象がありますよね。朝ドラと並んでNHKを代表する番組である大河においても、登場人物やその時代を深堀りした作品が増えていくことを願うのです。

 ……などと語りつつも、筆者にとって『青天~』はそれなり以上に楽しむことができた歴史ドラマだったのも事実です。『青天~』の中で、みなさまにとってのベストシーンはどこだったでしょうか?

 筆者が一番興味深かったシーンは、渋沢ら幕臣たちがパリを訪問したときの映像でした。

 19世紀後半のフランス皇帝・ナポレオン三世は、古臭く汚れた街にすぎなかったパリを全面的にリノベーションし、「花の都」として整えることに成功した人物です。そして、渋沢は、ナポレオン三世が生まれ変わらせたばかりのパリに、幸運にも足を踏み入れることができたのです。ドラマでは、コロナ禍ということもあってさすがに現地ロケはなく、そもそもナポレオン三世夫妻と渋沢たちが面会したテュイルリー宮殿が現存しないという制約もあり、多くの部分がCGだったようですが、ナポレオン三世の時代の“新しい”パリの空気は、現在のパリを映しても再現しづらかったと思います。

 こうした華やかなパリの映像とは対照的に、幕府瓦解後の日本は深刻な内乱状態にありました。渋沢が海外に発つ際、彼の養子となっていた渋沢平九郎(岡田健史さん)の壮絶な自害シーンは、突出して重厚に描けていたと思います。あの場面にも忘れられないものがありました。

 それでは、ベストキャラクターは誰でしょうか? 『青天~』のたくさんの登場人物の中でも、特に評判が高かった徳川慶喜(草彅剛さん)は別にしても、よく造形され、よく描けていたといえるのは平岡円四郎(堤真一)と土方歳三(町田啓太さん)でしょうか。

  特に平岡は、暗殺された回の放送後に“平岡ロス”というフレーズがネットを飛び交うほど人気でした。史料を見る限り、「優秀だけれど、いまいち人好きしない人物」だった平岡を、「頼りがいのある理想の上司(しかもちょっとお茶目)」として『青天~』が描いたのは素晴らしいセンスでした。

123

『青天を衝け』大総括! 渋沢や慶喜のクリーンな描かれ方は「大河の朝ドラ化」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真