日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 名店再現系“タテ型”カップ麺3選!

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系“タテ型”カップ麺3選!

文=オサーン

食べログ高評価も納得! 日清食品「日清×食べログ 百名店 麺庵ちとせ 淡麗醤油ラーメン」

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系タテ型カップ麺3選!の画像6
日清食品「日清×食べログ 百名店 麺庵ちとせ 淡麗醤油ラーメン」(2021年12月20日発売)

 続いては、日清食品の「日清×食べログ 百名店 麺庵ちとせ 淡麗醤油ラーメン」240円(税別)。神奈川・小田原にある人気ラーメン店、「麺庵ちとせ」の味を再現しています。食べログで高評価なお店をカップ麺化する「日清×食べログ百名店」シリーズの商品です。

「麺庵ちとせ」は、以前は東京・曙橋にあった人気ラーメン店ですが、2021年に小田原に移転。小田原といっても、小田原駅からさらに箱根登山鉄道で2駅先の風祭駅が最寄り駅で、都心から一気に距離が離れましたが、それでも行列ができる人気店だそうです。

 今回再現されているのは、お店の看板メニューで醤油味の「らぁ麺」。移転以前は塩ラーメンが看板メニューで、カップ麺化もされていました(こちら)。

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系タテ型カップ麺3選!の画像7
鶏とアサリの淡麗醤油スープ

 スープ表面に金色の鶏油をたっぷり浮かせた鶏ガラベースの淡麗醤油スープに、中太ストレートのノンフライ麺が合わせられています。鶏とともにアサリだしを効かせたWスープで、ほんのりと生姜も感じられる複雑な味わい。濃厚な味で、スープに相当コストが割かれていることが窺えます。ノンフライ麺のしっとり感も、生麺を思わせるものがあり本格的。

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系タテ型カップ麺3選!の画像8
スープ表面に鶏油がたっぷり

 スープ表面には金色の鶏油がたっぷり浮いており、スープの味に鶏油特有の甘み、丸みを加えています。スープが濃厚にもかかわらず塩気が刺さってこないのですが、鶏油の丸みが大きく作用していると思われます。

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系タテ型カップ麺3選!の画像9
充実の炙りコロチャーシュー

 具として入っているのは、角切りの炙りコロチャーシュー、かきたま、ねぎ。タテ型カップなので大きな一枚チャーシューは入れらないものの、ジューシーな肉感で、肉の量も大きなチャーシューと同等だと思われます。炙った香ばしさも感じられ、かなり贅沢なチャーシューです。

 このカップ麺ならではの“飛び道具”が特徴であるというよりは、スープ、麺、具の全てにおいてレベが高いのが特徴という印象。タテ型カップとしては少し高めの価格設定も納得です。特に、濃厚ながら塩気が刺さってこないスープは、品の良さを感じさせるものがありました。

123

「我武者羅」「麺庵ちとせ」「ホープ軒」、名店再現系“タテ型”カップ麺3選!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真