日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『乗り継ぎ対決旅』勝敗に異論あり!

『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』クロちゃんは第2の蛭子さん?&勝敗に異論アリ!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

今回は、もはや「ローカル路線バスVS歩き」

 結論を言うと、今回勝利したのはバスチームだった。雪辱を果たし、鉄道チームとの戦績をイーブンに戻した太川。これが公平な勝負だったら何も言うまい。しかし、看過できない要素が多すぎた。

 いろいろあるのだが、今回はチェックポイントの設定に尽きる。チェックポイントで用意されたミッションをクリアしないと、その先の目的地へ進むことはルール上許されない。第3チェックポイントに選ばれたのは城崎温泉だった。初日、鉄道チームはかなりのリードを保ったまま19:15に同チェックポイントへ到着。しかし、ここで用意されたミッションに挑戦できるのは17:00までだというのだ。つまり、いくらリードを稼いでいようが、初日終了時点ですべてリセットされてしまうという形。ザルな設定である。

 それだけならまだいい。2日目に向かう第5チェックポイントの蕎麦屋「そば一」は、駅から15~20km離れた場所にあるのだ。まさに、鉄道チーム泣かせの立地。なぜ、こんな場所にチェックポイントを設定したのだろう? 理論派のクロちゃんは納得できなかった。

クロちゃん 「15キロメートル!? 歩く距離じゃないですよね……」
村井    「比較的、歩ける距離」
クロちゃん 「え? 俺が間違ってるの、この感じ?」

 間違ってない。企画をこなすうちに常識が壊されたチームメイトの中で、唯一常識人だったクロちゃん。正気を保てているだけに、見ていて可哀想になってきた。さらに、村井が究極の選択をクロちゃんに迫る。

「クロちゃん、20km歩くか15km歩くか、どっちがいい?」(村井)

 なに、そのおもしろ質問は。軍曹が提示した地獄の2択が狂っている。20kmなんてもうハーフマラソンだ。結局、2日目における鉄道チームの徒歩距離は40km以上だった。しかも山道、しかもマスクありだ。そんな無茶な。

 いくらなんでも、これは村井のリーダーシップが悪手だったのでは……と思いきや、決してそうではなかった。放送終了後、正解ルートの答え合わせがTVerで配信されたのだが、それによると彼女が選んだルートにほぼ間違いはなかったようなのだ。ハナから歩くしか手段のない、無謀な立地。鉄道チームなのに鉄道が関係なくなっているし、それなら番組タイトルを「ローカル路線バスVS歩き」に改名したほうがいい気がする。

 率直に言うと、今回の旅で鉄道チームはノーチャンスだった。太川が大チョンボをするか否か? 勝敗はそこのみにかかっていた。

1234

『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』クロちゃんは第2の蛭子さん?&勝敗に異論アリ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真