日刊サイゾー トップ > エンタメ  > Aマッソ『奥様ッソ!』の美点と欠点

Aマッソ『奥様ッソ!』フェイクドキュメンタリーとしての美点と欠点

『放送禁止』の“設定”が巧みだったワケ

Aマッソ『奥様ッソ!』フェイクドキュメンタリーとしての美点と欠点の画像3
劇場版『放送禁止 洗脳~邪悪なる鉄のイメージ~』(2014年公開)公式HPより

 一方、『奥様マッソ!』のどうしても払拭できないフェイクドキュメンタリー的な欠点として、「なぜこの映像が撮影されたのか?」という疑問は残る。前述の通り、本作では裏設定を明示するようなカットやカメラワークが強調されている。むろん視聴者に気づいてもらうためだが、結果として、作品が掲げるストーリーと私たちが見る映像の間に齟齬が生じてしまっている。

 その点、フェイクドキュメンタリーの代名詞的作品となった『放送禁止』(フジテレビ/2003年~)が巧みだったのは、「当時放送が禁じられていたある“お蔵入りテープ”を発掘し、その当事者たち等から了解を得て再編集したもの」(同番組ナレーションより)という設定を設けていたことだ。

 この前提があることで、『放送禁止』では隠された裏設定にフォーカスした編集やカメラワークが許容される。しかし、『奥様ッソ!』はあくまでも一般的な家族密着バラエティの体(てい)を突き通す。そのため、どうしてもその編集やカメラワークは”確信犯”的なものとして画面に映し出される。

 つまり、『奥様ッソ!』は映像の作りからして「一般的なバラエティとして作っています」という建前が崩れており、これがこの番組への没入感を少なからず薄める要因となってしまっているのだ。

なぜ裏設定を明示する構成になっていたのか

 人気フェイクドキュメンタリー『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』シリーズ(2012年~)を手がける白石晃士監督の著書『フェイクドキュメンタリーの教科書』(誠文堂新光社)には次のような記述がある。
「フェイクドキュメンタリーにとって編集作業というのは、普通の劇映画よりも重要性の比率が高いです。(中略)その編集にも劇中と地続きのリアリティがないといけないんです。撮影アングルでも『なぜ、この位置からの表情を撮れているんだ?』と観ている側が思った時点で成立しなくなりますが、編集でも『なぜ、ここで繋いでいるんだ?』『なぜ、この続きをカットして見せないんだ?』『なぜ、ここの間をカットしているんだ?』などと疑問をもたせては観客が劇中世界に没頭できなくなります」

『奥様ッソ!』では、裏設定を明示するような編集・カメラワークを採用している理由はついぞ明かされない。そこだけはどうしても引っかかりを感じてしまった。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真