日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 布袋寅泰が明かすBOØWYの秘密とベルリン

『関ジャム』布袋寅泰が明かすBOØWYの秘密とベルリン。「音楽的にかなり攻めてた」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

布袋から感じるブラックミュージックの嗜好

 mabanuaは“布袋さんが作曲したとは気付かなかった曲”として、今井美樹「DRIVEに連れてって」を挙げた。

「いい意味で、布袋さんが作曲したと気付かなかった曲です。メロディーやコード進行までアダルトで清涼感があり、ロックな布袋さんとは違う一面を感じる曲で、ストリングスなどギター以外のパートでもメロディーメイカーであることが伝わります。余談ですが、左右で聴こえるブラックミュージック的なワウカッティングがすごくレアな演奏だと思います」(mabanua)

 一聴すると布袋っぽくないかもしれないが、ファンからすると普通に布袋節だったりもする。シングル以外を聴けば、布袋が“ロック全開!”なミュージシャンじゃないこともわかる。

「アース・ウインド & ファイアーとかすごい好きで、カッティングはそういう黒人音楽からの影響」(布袋)

 ワウカッティング以上にレアな演奏といえば、映画『風の谷のナウシカ』の王蟲(オーム)の鳴き声は布袋のギターの音色という情報はトリビアだろうか? 知らなかった人は意識して『ナウシカ』を見ると面白いかもしれない。

 布袋寅泰のキャリアを振り返ると、こうして彼が曲を書き、他のボーカリストが歌う曲にやはりグッと来てしまう。

「ボーカリストとしての自分、ソングライター・作曲家として、またギタリストとして。いろんな自分をバランス取る中で、やっぱりギタリスト・布袋が1番強いですから、まだボーカリスト・布袋は追いついていないっていうか。そこら辺でかなり長い間自分の中で戦いがあって、この2年くらいでやっと一致してきたというか」(布袋)

 リスナーのほうは本当に一致しているのだろうか? 決してボーカリスト向きではないが、音程がしっかりしているため、コーラスに回ると俄然印象的なハモリを聴かせる。これが、布袋の声に対する筆者の印象だった。やはり、生粋のギタリストだと思う。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2022/03/13 21:00
12

『関ジャム』布袋寅泰が明かすBOØWYの秘密とベルリン。「音楽的にかなり攻めてた」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真