日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 心優しき青年は、再び“ヒーロー”になった

『家、ついて行ってイイですか?』「夢が叶わなかった」心優しき青年は、再び“ヒーロー”になった

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ジョニーウォーカー狂の男性の“利きウィスキー”

 夜の小岩駅前でスタッフが声をかけたのは、48歳の独身男性。ロケ日は2021年12月14日、気温は5℃だというのになぜかTシャツ姿である。

――今日、半袖で寒くないですか?
「俺、1年中こんな格好なんで。寒いっちゃ寒いですけど、逆に風邪引かないために。せいぜい、風邪引くのって1年に1回くらい」

 小学生の半ズボン理論じゃないんだから。というか、1年に1回なら毎年風邪を引いてるわけで、風邪になりやすい部類である。とにかく、面白そうな人だ。スタッフは、この男性に「家、ついて行ってイイですか?」と尋ねた。

「どうしようかな……。かなり汚いんですけど、いいですかね? とりあえず1人暮らしなんで、全然問題はないんですけど」

 というわけで、男性の家までついて行くことに。到着したのは、築35年で家賃6万1千円の1Kだった。家に入る前、男性は明かしてくれた。

「ジョニーウォーカーグッズを集めてます。スコッチです」

 ウィスキーの、あのジョニーウォーカーのことだ。ジョニーウォーカーファンというのも、またニッチな世界だが。

 部屋に入ると、意外だった。お洒落な部屋なのだ。来る前は「汚くしている」と言っていたが、むしろ綺麗にしていて驚いた。グッズを集めているだけに、物は多い。いや、物が多いのに綺麗にしているのだから、それはセンスがあるということ。断舎離して綺麗な部屋にするより、よほど大変だと思う。彼に店を任せたら、いいバーを作りそうだ。さっきのスーツアクターの部屋との落差……。

 壁にはジョニーウォーカーの看板やネオンがそこかしこに貼ってあるし、ジョニーウォーカー専用の冷蔵庫もある。特に目を引いたのは、マネキンを使って製作したジョニーウォーカーのロゴマーク(赤いジャケットを着てシルクハットを被り、ステッキを持ってるやつ)の自作マネキンである。製作費は、しめて5万円。

「毎日、ジョニーウォーカー像と乾杯しながら飲んでます」

 グッズ収集のきっかけは、懸賞でたまたま当たったジョニーウォーカーのMDウォークマンだったらしい。

「10年前にキャンペーンをやってて、『はがきを送ったらオリジナルグッズが当たります』というので当たったんです。それでふと、『ジョニーウォーカーグッズ集めてみようかな』と」

 10年前の賞品がMDウォークマンだったという証言は勘違いな気もするが、とにかくこれを機に彼のジョニーウォーカー狂いは始まった。

「やっぱカッコいいし、飲みやすいし、香りがスモーキーな感じというか。今までのウィスキーとは違ったんですよね。試しに他のスコッチと飲み比べてみたんですけど、ジョニーウォーカーが一番美味いと思いました」

 ここで、スタッフは持ちかけた。今、目隠しして他のウィスキーと飲み比べしても、ジョニーウォーカーを判別できるのか否か?

「たぶん、わかると思いますけどね(笑)。『これはジョニーウォーカーじゃないな』っていうのはわかると思います、本当に飲み比べしたら」

 早速、スタッフは近所のスーパーでウィスキー3種を買ってきた。シーバスリーガル、バランタイン、ホワイトホース。いいチョイスだ。これにジョニーウォーカーを加え、4種のウィスキーを目隠しして飲み比べする“利きジョニーウォーカー”が行われた。何年間も毎日飲んでいる人ならば、サービス問題だと思うが……。

 まず、最初に口にしたのはバランタインだ。

「美味いけど、ジョニーウォーカーじゃないですね。ジョニーウォーカーは個性的なんですよね。さっき飲んだの(バランタイン)は、なんか平凡な感じ」

「私が飲んだのは、ジョニーウォーカーではありません!」といったところだろうか? 続いて口にするのは、ホワイトホースだ。この4種の中では、最も飲みやすいウィスキーだと思う。

「これっぽいんだけどな。……これです」

 違いがわからない男だった彼、クイズに失敗してしまった。ホワイトホースは甘口だし、ジョニーウォーカーとは全然違うのに。そして、ここで流れる「Let It Be」。いや、レリビーじゃないよ!

――今、飲んだのはこれ(ホワイトホース)です。
「マジですか、似てるけどなぁ(苦笑)。これはこれで美味いですけどね。今度からこれにしようかな。(ホワイトホースのロゴを指し)この馬の像を作ります」

 簡単に揺らぐジョニーウォーカー狂いの彼。酒ならなんでもいいタイプだったか? でも、ホワイトホースは激安だし、番組的にはいいオチだ。久々に「家つい」感のあるおじさんで、面白かった。

 

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2022/05/04 19:00
12

『家、ついて行ってイイですか?』「夢が叶わなかった」心優しき青年は、再び“ヒーロー”になったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『わたしの星』がU-NEXTで配信!

 殺人的な暑さが続いていますが皆さんはお元気...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真