日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 貪欲なお笑い番組

『ざっくりYouTube』お笑い界を牽引するスターが若手に戻る、貪欲なお笑い番組

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

『ざっくりYouTube』お笑い界を牽引するスターが若手に戻る、貪欲なお笑い番組の画像1
「ざっくりYouTube」より

「おもしろいものを作る」を目標に日々切磋琢磨している若手芸人。当然彼らが同業者のYouTubeを見るとき、その目線は厳しくなる。そんな芸人間で流行る動画は、掛け値なしにおもしろいと言っていい。この企画は現役の芸人をゲストに呼び、「最近芸人が一番笑ったYouTube動画」を紹介してもらう対談企画である。

今回のプレゼンターは、芸歴4年目のギルティ照沼さん。

全員ボケで全員ツッコミだから生まれるボケ数の多さ!

ギルティ ぼくが一番笑った動画は、「ざっくりYouTube」の「【自腹ロケ】後藤が一番欲しい物を購入!【東急ハンズ】」です! これは東急ハンズでの買い物を、フットボールアワーの後藤さん、千原ジュニアさん、小籔さん、岩尾さんの順番で全4回に渡ってUPしているシリーズ動画です。

ゴリラ このチャンネルは、ぼくもヘビーで視聴してます! 全般的にお笑いのレベルが超高いですよね。

ギルティ そうなんですよ。そもそもこの「ざっくりYouTube」は、以前テレビ東京で放映されていた『ざっくりハイタッチ』のリバイバルチャンネル。圧倒的な芸人視聴率を誇っていたこの番組の売りは、何と言ってもお笑いのレベルとその濃度の高さ。今回の動画は東急ハンズ全面協力のもと、買い物ロケを実施しています。

ゴリラ 「東急ハンズでの買い物企画」と「男気じゃんけん」のMIX企画ですよね。ルールは「購入する人が欲しい商品を決める」・「最後に支払う人をじゃんけんで決める」という2つ。

ギルティ そうですね。ただ、個人的にメインはそこじゃないんですよね。企画内容を守りつつ繰り広げられる、各々のお笑いレベルの高さを見て欲しい。

ゴリラ というと?

ギルティ YouTubeならではの心地良いユルさがあって、皆さんが本編とは関係のないボケもされたりするんですよ。ただそういう無駄なボケが、最終的に無駄に終わらない。そのボケに他の人が喰いついて広げて、あっという間にきっちりと1くだりできてしまう。ハイレベルの即興漫才を聞いているかのような、凄みが感じられます。

ゴリラ 確かに「笑いの足し算」の量が異常ですよね。普通は「ボケてツッコむ」の後に、もう一重ねするくらいですけど。各々が万能タイプでスキルのある芸人だから、「役割分担」というものがほとんど存在しない。通常は何となく「誰がボケで誰が仕切り」と役割が決まってるものなんですけど、ざっくりメンバーは全員がボケで、全員がツッコミ。ボケの頭脳もツッコミの頭脳も通常の二倍ある訳で、動画内で笑いを作れる量が尋常じゃない。

ギルティ それにただボケるだけではなく、常に一捻りが加えられているんですよ。例えばボールペンの試し書きの所で「何かおもしろい事書かれてないかな?」という一言から、小籔さんがおもしろメモを書きに行く流れがあるんですね。ただその内容を、その動画内では確認しない。次の動画でみんながそのフロアを訪ずれたタイミングで「あれ、何か書かれてない?」と見に行く。東急ハンズというフィールドや動画の撮影手順をうまく利用して、様々な笑いを仕掛けていくんです。

12

『ざっくりYouTube』お笑い界を牽引するスターが若手に戻る、貪欲なお笑い番組のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシアタ...…
写真