日刊サイゾー トップ > 芸能  > 上島竜兵さん偲ぶ、期待の夏ドラマ…週末芸能

上島竜兵さん偲ぶ記事まとめ、早くも期待の夏ドラマは…他週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

上島竜兵さん偲ぶ記事まとめ、早くも期待の夏ドラマは…他週末芸能ニュース雑話の画像1
上島竜兵さん

記者I 今週はやはり、お笑いファンとしては触れざるをえないこちらの話題から。

 5月11日、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが61歳の若さでお亡くなりになられました。14日には密葬が営まれ、ダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが所属事務所を通して「何をやっても笑いを取る天才芸人上島が最後に誰も1ミリも笑えない、しくじりをしました。でも、それが上島の芸風です。皆で突っ込んで下さい」「ダチョウ倶楽部は解散しません」とコメントを発表しています。

デスクH 日刊サイゾーでも過去に、上島さんの主演映画にあたって取材させていただき、大変お世話になりました。改めてお礼を申し上げると共に、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。またこの度は、元「ホームチーム」の檜山豊さんや「馬鹿よ貴方は」の新道竜巳さんといったお笑い関係者による、上島さんを追悼する記事を掲載しています。上島さんのかっこいい部分が伝わるものかと思いますので、ご高覧下さい。



記者I 中高年男性には上島さんに、属性的なシンパシーを感じていた方も多かったのではないでしょうか。私もその1人だったので、なんだか無性にツラいですね。

 では改めて、ドラマの話題から。GWも終わり、各局から夏ドラマに関する情報が解禁され始めました。近年『MIU404』『最愛』とヒットを飛ばしている新井順子プロデュース塚原あゆ子演出のTBS系金曜ドラマ『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』あたりは要注目作ではないでしょうか。

デスクH あとはやっぱり単純にどうリブートするかっていう意味で『六本木クラス』(テレビ朝日系)と、果たして竹原ピストルの同名曲は使われるのかって意味でTBS系日曜ドラマ『オールドルーキー』も気になっているところ。春ドラマも序盤が終わって趨勢がでてきたね。

記者I ビデオリサーチ調べ(関東地区)のドラマ視聴率ランキングでは、連続テレビ小説と大河ドラマがTOP2なのはいつものところですが、3位に『日曜劇場・マイファミリー』がランクイン。上記記事でも期待の番組1位と推しているので良かったなぁと。ガッカリドラマも納得のラインナップでした。

デスクH 今日、沖縄返還50周年を迎えて式典なども行われているけど、連続テレビ小説『ちむどんどん』に関する記事もけっこう読まれていたね。黒島結菜も”NHKポイント”ってよりも、沖縄出身だったことが大きかった気もするけどね。

記者I NHK周りですと絶対的エースとして活躍していた、和久田麻由子アナウンサ−が産休に入られるということで”急きょ若手アナの育成と発掘に乗り出している”とのこと。注目されているのは『ブラタモリ』アシスタント経験を持つ林田理沙アナとのことです。

デスクH 『ブラタモリ』がエース養成番組だってことがまた、実証されそうだね。NHKはしっかり産休とって復帰する目算が立つのは、民放と違っていいところだよなぁ。

12

上島竜兵さん偲ぶ記事まとめ、早くも期待の夏ドラマは…他週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真