日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 8.6秒バズーカー・はまやねん、反日疑惑騒動を回顧

8.6秒バズーカー・はまやねん、大炎上した「反日疑惑」騒動を回顧

文=佐藤勇馬

8.6秒バズーカー・はまやねん、炎上しテレビから消され…の画像1
YouTube「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」より。

 かつて「ラッスンゴレライ」のリズムネタで一世を風靡したお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」のはまやねんが、5月31日に配信されたインタビュー系YouTubeチャンネル「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」の動画に出演。大ブレイクで最高月収500万円となった絶頂から炎上騒動による転落、意外な現在の状況などについて告白した。

 8.6秒バズーカーは赤いシャツとサングラスがトレードマークだが、はまやねんはニットキャップ&マスク姿で登場。テレビ出演時以外はサングラスもかけていないそうで、つぶらな瞳があらわになっている。

 はまやねんは現在32歳の芸歴9年で、同期にEXITの兼近大樹や3時のヒロイン・ゆめっちらがいる。中学の同級生だったタナカシングルと2014年4月にコンビを結成し、同年末には早くも「ラッスンゴレライ」でブレイクした。

 「ラッスンゴレライ」は、吉本総合芸能学院(NSC)時代に誕生したフレーズ。翌日の授業で披露する1分間のネタを用意しなければならず、深夜にふたりで考え込んでいた時にタナカが急に手を叩きながら「ラッスンゴレライ」と言い出したそうだ。はまやねんは翌日のネタ見せを乗り切りたい一心で「もうこれでいいやん」と妥協し、30分ほどでネタとして完成させたという。

 ちなみに、はまやねんが「ラッスンゴレライって何なん?」と尋ねると、タナカは「俺もわからんけど」と返答したそうだ。

 8.6秒バズーカーは「ラッスンゴレライ」を武器に若手芸人の登竜門『おもしろ荘』(日本テレビ系)などに出演し、ネットでもブームになったことで人気に火がつき、大ブレイクした当時は月収が500万円に達したという。そのころは「1日に22本仕事があった」というほどの殺人的スケジュールで、睡眠時間は「3時間寝られたらいいかな」という状況だったと振り返っている。

 ところが、2016年の後半から徐々に仕事が減少。さらに、ネット上で「8.6は広島への原爆投下の日付」「ラッスンゴレライは落寸号令雷という爆弾投下の号令」「ネタ中の『ちょっと待って』はB29爆撃機の機名『chotto matte(チョットマッテ)』に由来」といった“こじつけ”的な憶測が流れ、大炎上によって「反日芸人」のレッテルを張られたことが追い打ちをかけた。

12

8.6秒バズーカー・はまやねん、大炎上した「反日疑惑」騒動を回顧のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真