日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 鬼越の“芸能人代役”プレゼンがスゴかった
「1番大事なのは、空気の読めなさなんですね」

鬼越トマホークの“芸能人代役”プレゼンが盲点。黒柳徹子の後継はまさかのアノ女優?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「吉村(ノブコブ)系芸能人」の条件はファンがいないこと

 続いてのジャンルは、バラエティ番組の縁の下の力持ち「吉村系芸能人」だ。平成ノブシコブシ・吉村崇を筆頭とする、バイプレイヤーと呼ばれる芸能人たちのことである。

 能力が必要なポジションだ。好感度、ワードセンス、空気の読み方など、すべてのベクトルでチャートマックスに達しないと務まらない役割。ちなみに、この日の「さんまとマツコ」で進行役を任されたのは、当の吉村だった。

金ちゃん 「吉村さん目当ての視聴者って、あんまりいないじゃないですか? ただ、出てったら面白い」
さんま 「安定してる。面白い、なんでもできる、邪魔にならない」
金ちゃん 「あと、YouTubeを始めたけどまったくうまくいかない。いろんな共通点がある人がいます。探してきました」
吉村 「いる、そんな人!?」

 鬼越が提示したのは、「勝俣州和」という名前であった。まさに、筆者の頭に浮かんだのも勝俣だった。『水曜日のダウンタウン』(TBS系)でおなじみ「勝俣州和ファン0人説」も、吉村系芸能人に必要な条件「目当ての視聴者がいない」と合致している。熱狂的ファンの不在は、実は「使い勝手の良さ」と比例する要素だったりもする。

坂井 「面白いのは、もともと勝俣さんの代役が吉村さんだったんです」
吉村 「そうそう。結構、それはあったかもしれないです」
坂井 「まったく一緒ですよ。結構仕事して、実力があるわりには若手ぶりたいから、お金稼いでるのにずっとお金ないふりしてるじゃないですか」

「若手ぶりたい」、なんともひどい言いようだ。さらに鬼越は、吉村と勝俣の共通点を挙げてみせた。

「すごい立ち振舞いが似てるんですよね。今日も、僕らがマツコさんの楽屋に行ったとき、お付きの人みたいに吉村さんが世間話をしてたんです。アッコさん(和田アキ子)の楽屋に行ったときは、勝俣さんがまったく同じようなことしています。一瞬でその人のしもべになれる。けれど、マツコさんにゴマすっていながら、堺正章先生が来たらすぐそっちにも行く。あれも計算ずくですから」(坂井)

 確かに、吉村の人脈を図式化したらスゴそうだ。『新チューボーですよ!』(TBS系)で築いた堺ルートだけでなく、彼は有吉弘行ルートも持っているし、北海道人脈で構築した加藤浩次ルートもある。この抜け目なさも、「吉村系芸能人」が誇る能力の高さだろう。

123

鬼越トマホークの“芸能人代役”プレゼンが盲点。黒柳徹子の後継はまさかのアノ女優?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真