日刊サイゾー トップ > エンタメ > YouTuber  > 「ネットスラング」で炎上騒動が頻発

VTuberの不適切発言で運営会社が謝罪「ネットスラング」で炎上騒動が頻発

VTuberの不適切発言で運営会社が謝罪「ネットスラング」で炎上騒動が頻発の画像1
YouTube『ローレン・イロアス / Lauren Iroas【にじさんじ】』より。

 VTuberのローレン・イロアスが配信中に不適切な発言をしたことについて、所属するVTuberグループ「にじさんじ」が13日に公式Twitterで謝罪文を発表した。差別的な要素を含んだ「ネットスラング」を無自覚に使ってしまったもので、ネット上ではこうしたトラブルが頻発している。

 ローレン・イロアスは10日の配信で、ゲーム実況中に「なにこいつ、ひとりで超ファビョってんの」「ファビョってない?」などと発言。視聴者から「差別用語だ」との指摘が寄せられ、炎上騒動に発展していた。

 この事態を受けて、にじさんじを運営するANYCOLORがTwitter上に謝罪文を掲載。「(ローレンに対して)会社からの厳重注意と合わせ、配信内で使用する用語についての注意を喚起する意図で、改めて対面でのコンプライアンス研修を実施いたしました」「本人としても深く反省しており、今後、配信内で使用する用語には十分注意してまいる所存でございます」などと報告した。

 「ファビョる」という言葉は、韓国で精神的な疾病の一種を指す「火病」(ファビョン)に由来し、インターネット掲示板などで韓国人を揶揄するネットスラングとして定着。しかし、現在はもともとの意味を知らずに「ノリ」で使用しているケースが少なくないようで、ローレン・イロアスも指摘を受けた直後に「え、ファビョるって差別発言なの?テンパってるみたいな意味だと思ってました」と話していた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真