日刊サイゾー トップ > エンタメ > YouTuber  > ガーシー+N党「綾野剛の疑惑」追及加速

【今週のガーシー】NHK党とのタッグで「綾野剛の疑惑」追及が加速…事務所は「法的措置」宣言

ガーシー&NHK党VSトライストーンの構図鮮明に

 13日には、綾野剛や小栗旬らが所属する芸能事務所「トライストーン・エンタテイメント」が公式サイトに「現在、インターネット上で弊社及び弊社所属タレント等の名誉を毀損し 業務を妨害する事実無根の投稿が複数なされております」「弊社は、このような虚偽の投稿を決して容認できません。従って然るべき法的手続等の対応を行っております」とする声明を発表した。

 東谷は綾野の「未成年女性への飲酒強要と淫行」疑惑を告発し、トライストーンの他のタレントへも執拗な攻撃を繰り返している。当然ながら、トライストーンの声明は東谷をはじめ、その周辺関係者やファンを牽制するものだろう。

 綾野が主演するTBS系ドラマ『オールドルーキー』(6月26日スタート)の開始直前で、スポンサーなどへの配慮から先手を打って「事実無根」と強調したかった部分もありそうだ。

 これに東谷は自身のTwitterで「なんやろ、こーゆう事しか考えつかんのかぁ。事実無根ってLINEも写真も本人登場も証拠やないって貫き通すんや」と反応。「テレビ局やスポンサーに言われてやってんのわかるけど、これは一番あかんやろ。こんなペラ1枚の否定文で誰が納得すんの?笑笑」などとも記し、挑発的に嘲笑した。

 また、参院選で東谷を擁立するNHK党の立花孝志党首は「テレビの党首討論で綾野剛の淫行疑惑に言及する」と宣言。党首討論が行われた16日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で実行しようとし、メインキャスターの大越健介氏に厳重注意された末、途中でリモート中継を強制的に打ち切られる「放送事故」状態となった。

 先述のトライストーンの声明は、こうした動きを警戒してのことだった可能性もある。

 参院選は22日公示で、選挙戦がスタートすれば東谷や立花党首らの動きは加速するだろう。『オールドルーキー』の放送期間中に、TBSの政見放送や党首討論で「綾野剛の暴露」が飛び出して再び「放送事故」となるおそれもあり、さまざまな意味で目の離せない時期が続きそうだ。

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

さとうゆうま

最終更新:2023/03/30 19:10
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed