日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > ジャンポケ斎藤が“いじめについて語る”

ジャンポケ斎藤の“いじめについて語る”活動と芸人

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

ジャンポケ斎藤がいじめについて語る活動について考えることの画像1
ジャングルポケット 吉本興業 公式サイトより

 みなさんはお笑い芸人のプライベートの姿にどんな印象を持っているだろうか。テレビ通り普段から明るく面白いイメージ?  それとも普段はテレビとは真逆の物静かなイメージ?もちろん芸人によって変わってくる。

 よく言われているが「明石家さんま」さんのように全く裏表のない芸人もいれば、逆に普段はスイッチをオフにして極力、喋らないようにしている芸人もいる。それは個人ごとのスタイルで、テレビに映るタイミングで面白ければ、芸人としてはなんの問題もない。

 ではお笑い芸人になるような人間は子供のころから面白いのかどうか。皆さんはどんなイメージだろうか? 関西の方に良く聞くが、お調子者でひょうきんな子供がいると決まって「あんたは将来お笑い芸人や」と言われると。

 それを考えると子供のころから面白い人間がお笑い芸人になるのでは――?

 いや、そうじゃない。もちろんこれもプライベートの姿と同じで、元々ひょうきんな人間もいれば真逆の人間もいる。僕のイメージでは、性格は根暗で人とコミュニケーションを取るのが下手な子供の方が今お笑い芸人をやっているというパターンが多い気がする。なぜそういう子供がお笑い芸人を目指すのか?

 あのダウンタウンの松本人志さんも言っていたが「面白いやつ」というのは、子供の頃のカースト制度で上位に位置している「足が速いやつ」「勉強ができるやつ」「喧嘩が強いやつ」「家が金持ちのやつ」「バク転が出来るやつ」と並ぶ価値を持っている。だから運動や勉強が出来なくても、喧嘩が弱くても、面白いというだけで一目置かれる存在となれるのだ。それに気づいた根暗な子供が面白くなろうと努力をして今までとられていたマウントをひっくり返すというわけだ。

『気づいただけで面白くなれるのか?』と思った人もいるだろう。そもそも根暗で寡黙な子供というのは、何も考えていないわけではない。ほかの子供同様、頭の中ではいろいろなことを考え、聞こえない独り言を発しているのだ。

 しかも学校が楽しくない分、家での時間を楽しもうとする。テレビから流れるバラエティ番組を食い入るように見たり、家族との会話を大切にする。番組からお笑いセンスを手に入れ、大人との会話で間の取り方やコミュニケーション能力を培うのだ。あとはそれを披露するタイミングだが、昨日まで寡黙だったやつがいきなり面白くなっても違和感しかない。なのでクラス替えや進学、転校などのタイミングを見計らい違う自分に変身するのだ。

 かくいう僕自身も、転校を機に変身したうちのひとりである。それまでは社交性など皆無。ほかの生徒とコミュニケーションも取らず、根暗で寡黙な少年だった。

 ただ勘違いして欲しくないのは、もともと根暗で寡黙だったわけでは無い。根暗な子供の多くは何かしら、要因があってそうなっている。それは家庭環境だったり、学校自体が原因だったり。

 僕の場合は学校が原因だった。わかりやすく言うと『いじめ』だ。僕は他の生徒と比べると遥かに体重が重く肥満児だった。それを理由に『いじめ』の的にされたというわけだ。

123

ジャンポケ斎藤の“いじめについて語る”活動と芸人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真