日刊サイゾー トップ > 海外  > ファンを裏切らないアイドル

K-POPで“絶対にファンを裏切らない”アイドルグループが誕生!

文=河 鐘基(は・じょんぎ)

 韓国でデジタル、AI、仮想人間などをコンセプトに掲げる、近未来型K-POPアイドルグループが続々と登場しようとしている。まず6月末には、リアル男子4人と仮想男子1人のボーイズグループ「SUPERKIND」が、『WatchOut』というタイトルのシングルでデビューし、話題となっている。

 セジン(Saejin)、ユジン(Eugene)、ゴン(Geon)、デイモン(Daemon)、シオ(Sio)の5人のメンバーで構成されるSUPERKIND。なかでも注目を浴びるのは、AI仮想アイドルでセンターを務めるセジンだ。PVでは他のメンバーと同じく、まるで本物の人間のように動きアイドルのような凛々しい表情をみせる。

K-POPで絶対にファンを裏切らないアイドルグループが誕生…!の画像1
左からGEON、EUGENE、Saejin、SiO、DAEMON

 なおSUPERKINDには独特の世界観がある。グループは種族によって分かれており、リアル男子は「フリード」(PRID)、仮想メンバーは「ヌーク」(NUKE)と区分されている。なかなかに尖ったコンセプトを持ったアイドルグループだが、業界でも前例がないだけに“ならではの苦労”も絶えないそうだ。

 例えば、1枚のジャケット写真を撮影・完成させるのにかかる時間はおよそ1週間。またダンスのレッスンの際には、セジンがリアルにいることを念頭に、いつもポジションを空けたまま練習するのだという。普通のアイドルグループよりも、作品のクオリティーを担保することがはるかに難しいだけに「デビュー曲を番組で披露する計画はまだない」と所属事務所・ディープスタジオは説明している。当面はショートコンテンツをSNSに公開しながら、ファンを獲得していく方針だそうだ。

 また韓国の人気オーディション番組「放課後のときめき」は、シーズン2で“デジタルアイドルグループ”の結成を予告している。シーズン1でデビューした7人組ガールズアイドルグループ・CLASSyは人気上々で、日本語によるCD販売もすでに発表されている。

 そのCLASSyの所属事務所・M25と制作会社・PHUNKY STUDIOは、シーズン2でボーイズグループのオーディションを行うことを発表。選ばれたグループメンバーに対しては、ゲーム、ウェブトゥーン、NFTなど、デジタルコンテンツプロジェクトを同時に進めるとし、「メタバースなど最先端のデジタル空間でも活動できる新世代のグループにする」と宣言している。放課後ときめきのシーズン2は、2023年の1月頃の放送を目標に製作準備が始まっており、韓国と日本で同時に放送される予定となっている。

 アイドルは良くも悪くも“生もの”だ。スキャンダルや体調不良、精神的な悩み、メンバー同士の不仲、作品に対する価値観の不一致などで、事務所側が上手くコントロールできないケースが多々ある。その点で、デジタル化されたアイドルは弱音を吐くことも、裏切ることもない。また本人たちが活動を自粛・中断したとしても、収益を生み続けることができる。

 ますますレッドオーシャン化するK-POP業界において、事務所側のリスクヘッジや費用対効果を考えれば、アイドルそのもののリアルからデジタルへの移行は、大きなトレンドになる可能性を十分に秘めている。

河 鐘基(は・じょんぎ)

河 鐘基(は・じょんぎ)

日本および中国・アジア間の留学支援&教育コンサルティング事業を展開するGaksai株式会社代表。リサーチャー&記者として、中国やアジア各国の大学教育・就職事情などをメディアで発信。中国有名大学と日本の大学間の新しい留学制度の設置などに業務として取り組む。

Twitter:@Roboteer_Tokyo

最終更新:2022/06/30 12:30

K-POPで“絶対にファンを裏切らない”アイドルグループが誕生!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真