日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 2020年代のヒップホップが本格化
連載「クリティカル・クリティーク VOL.6」

2020年代HIPHOPが本格化―加速度を増すヒップホップ×ダンスミュージックの新解釈

文=つやちゃん

宇多田ヒカル『BADモード』とも共振するアンビエントとHIPHOP

 トランスと同様に、実はもうひとつ(広義の)ダンスミュージックとして近年の国内ヒップホップに、大きなエッセンスを加えていた音楽を忘れてはならない。落ち着き払った、たゆたう儚さで決定的に新たなニュアンスを与えた音楽、アンビエントである。中でも、本稿では昨年リリースされた2枚の偉大な作品を挙げよう。

 アンビエントの繊細さを持ち合わせたそれら傑作こそが、rowbai『Dukkha』とCHIYORI×YAMAAN『Mystic High』である。この2枚は語り尽くせないほどの多くの示唆を孕んでおり、22年1月に投下され同じくアンビエントが重要な役割を果たしていた宇多田ヒカル『BADモード』とも共振するような、ヒップホップの次なる方向を指し示す音楽性が観察される。

 rowbai『Dukkha』のいくつかの曲――例えば「Goma」「Stress」ではムードを形成するニュアンスたっぷりのトラックの中で、どこか頓痴気なリリックが日本語の発音を全面的に崩してラップされる。半ばヒアリング不可能な凸凹の発音がアンビエントを背景に持つビートと絡み合うことで、ある種の不快感/快感が同居し、聴く者の回路をバグらせるような効果を発揮している。

 さらに、その違和感を加速させるのは、「brain fog」や「Recovery」といった曲に登場する“J”のメロディラインであろう。背景にアンビエントなムードを敷くことで極東の湿った旋律が他の曲と地続きになり、いびつながらも“アリ”になってしまうという摩訶不思議な説得力が生まれている。

 いや、頓痴気っぷりで言うならば、CHIYORI×YAMAAN『Mystic High』の異様さはさらに魅力的ではないだろうか。rowbai『Dukkha』にあるハズした違和感が、本作ではさらにナチュラルに執り行われる。掲げられたアンビエント×メンフィスラップというテーマをそのまま森×車という形で同居させたシュールなアートワーク自体がその心地良い違和感を表しているが、例えば「すごい」や「水風呂」といった曲ではユーモラスでどこかナンセンスなリリックがゆらゆらとしたディレイとともに発音される。

 そして驚くべきことに、CHIYORI×YAMAANもまたここで“J”を全面的に導入してくるのだ。

 CHIYORIが随所で挟み込むのは柔和なJ-POP的メロディラインであり、それらの強引な接続/混合/同居を可能にしているのは、やはり背景でたっぷりとニュアンスを醸成するアンビエントの要素に違いない。

 今、グローバルではヒップホップによる、ダンスミュージック解釈の急速な進行が叫ばれている。驚異的な完成度と熱量で届けられたビヨンセの『RENAISSANCE』によって、そのトレンドは決定的になったと言ってよいだろう。

 だが、つぶさに見ていくと、国内のヒップホップはトランスやアンビエントの力を取り入れながら、近年すでに興味深い実験を試みていたことがわかる。これらのラインナップに加えるとするならば、常に現行のヒップホップと“J”のハイクオリティなミックスを実現させてきたKMの動向も見逃せない。

 先日リリースされたLil’ Leise But Gold「BPMF」では早速、その腕前が披露されていた。普遍的なリズムを刻みながらもフェティッシュに加工された音が緻密に絡み合うビートは、古き良きディープハウスのエロティシズムをまとっているが、それらBPMをよりスムースに推し進めていくのは、Lil’ Leise But Goldの艶めかしい歌である。英語と日本語を融解させながらも随所で積み重なる言葉の舵をとるのは「魂」「話」「じゃないし」といった日本語のライミングであり、終盤「もっともっと」「熱く」「弾く」という火照ったワードがアイラインの滲んだ身体を熱く突き動かしていく。単に〈ハウス〉というラベリングに回収されない、“J”の魔術が叶えたオリジナリティあふれるグルーヴであろう。 

 今後ますます加速するであろうダンスミュージックの再解釈が進行する中で、国内のトラックメイカーやラッパーが“J”との距離感、それらをいかに調理していくかという問いについてはますます注視しておく必要がある。新たな“J”のヒップホップが動き出しているのだ。この国の、2020年代のヒップホップがいよいよ本格的に始まったのである。

※過去の連載はこちら▼

つやちゃん

つやちゃん

文筆家/ライター。ヒップホップやラップミュージックを中心に、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆。雑誌やウェブメディアへの寄稿をはじめ、アーティストのインタビューも多数。初の著書『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)が1月28日に発売されたばかり。

Twitter:@shadow0918

最終更新:2022/08/11 20:00
12

2020年代HIPHOPが本格化―加速度を増すヒップホップ×ダンスミュージックの新解釈のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真