日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 東京03のANNがビミョーな空気に?

東京03、ANN初挑戦もビミョーな空気に? 

東京03、ANN初挑戦もビミョーな空気に? の画像1
オールナイトニッポン公式サイトより

 ニッポン放送では8月8日から13日の一週間、『お笑いラジオスターウィーク』と題して、『オールナイトニッポンX(クロス)』、『オールナイトニッポン』、『オールナイトニッポン0(ZERO)』の全番組をお笑い芸人が担当した。

 ナインティナイン、霜降り明星、オードリーといった『オールナイトニッポン』のレギュラーパーソナリティに加え、ジェラードン、モグライダー、ランジャタイなどの人気若手芸人のほか、千原兄弟、極楽とんぼなどのベテランも登場したこの企画。中でも注目を集めたのは、8月10日水曜日に『オールナイトニッポン』を担当した東京03だ。

 東京03にとっては、結成19年目にして『オールナイトニッポン』初挑戦となった今回。リスナーから“コントの第一声”となりそうな言葉や、角田晃広が即興で歌うワンフレーズなどを募集し、おおいに盛り上がった。しかし、番組全体の評判はそれほどよくはなさそうだ。

「飯塚(悟志)さんは、オールナイトニッポンのパーソナリティが憧れだったと話していましたが、角田さんと豊本(明長)さんは“ラジオを通っていない”とのことで、いまいち要領がつかめていない様子でした。そういった事情も関係しているのか、飯塚さんと他の2人との温度差も多少感じられましたね。

 あと、フリートークでは、角田さんの“パンツの履き方”に関するエピソードが披露されていましたが、毒っ気はあまりなく、むしろお行儀が良かった。まあ、それが東京03の空気だといえばその通りなのでしょうが、“芸人さんのラジオ”ということでは、いまいちしっくりきていなかったようにも思えます」(ラジオ関係者)

 芸人のラジオというものは、時間をかけてリスナーとの空気を築き上げていくものであり、単発の放送で“しっくりくる”ことは本当に難しい。コント職人として絶大な支持を得ている東京03とえいえども、そう簡単なことではないのだ。

「リスナーからの投稿をベースにコントの設定を考えるなど、番組中も端々に“コント愛”が垣間見られて、ファンとしてはたまらなかったと思います。ただ、ファンではない人にしてみれば、“フリートークがちょっと弱いかな?”と思われてしまったかもしれません」(同)

 飯塚は8月16日放送のTBS系『熱狂!1/365のマニアさん』で、ウエンツ瑛士とともにメインMCを担当した。

「『熱狂!1/365のマニアさん』は10月期からゴールデンタイムでレギュラー化されます。飯塚さんにとっては、かなり大きな仕事ですね。そういう意味では、今回のオールナイトニッポンは、10月以降に向けてトークや仕切りのうまさを見せる場でもあったと思います。

 たしかに、ラジオでのフリートークは微妙だったかもしれませんが、下手にリスナーを喜ばせようとして、どぎつい方向に進まなかったのは、好印象だったのではないでしょうか。同番組はハードコアなお笑い番組でもないですし、お笑い要素が多すぎないくらいがMCとしては丁度いい。むしろ飯塚さんが“ゴールデンタイム向き”であることを見せたオールナイトニッポンだったと言えると思いますよ」(お笑い事務所関係者)

 10月以降、東京03飯塚が、ゴールデンタイムの番組MCとして、どのような活躍を見せていくのかに注目だ。

 

浜松貴憲(ライター)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

はままつたかのり

最終更新:2022/08/18 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真