日刊サイゾー トップ  > 『所沢』商業施設の誕生で躍進中の今
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(所沢編)

『所沢』KADOKAWA移転で大改造!23年以降も商業施設の誕生で躍進中の街の今

4.所沢は再開発でどのような進化をするのか?

所沢駅周辺の様子
所沢駅周辺の様子

 実際に所沢駅周辺を歩いて見ると、近隣の再開発が複数行われているようです。その中で、大規模・良かった地域をピックアップして説明します。

●4-1.2020年11月、KADOKAWAによる日本初のコンテンツモール『ところざわサクラタウン』開業

『ところざわサクラタウン』
『ところざわサクラタウン』

 所沢の新しいランドマークとなった『ところざわサクラタウン』が2020年11月にオープンしました。

 オープンの翌月には、NHK『紅白歌合戦』で歌手のYOASOBIが歌唱したスポットとしても話題となりました。

 隈研吾氏が設計を手掛けた『角川武蔵野ミュージアム』をはじめ、ホテルやレストラン、書店もあり、神社まで備わっている注目のスポットです。

参照:
RETRIP
https://rtrp.jp/articles/127006/
所沢なび
https://tokorozawanavi.com/news-narita20210312/

●4-2.完成は2026年3月予定『所沢駅西口土地区画整理事業』

『所沢駅西口土地区画整理事業』開発地の様子
『所沢駅西口土地区画整理事業』開発地の様子

 すでにいろいろと出来上がっている所沢駅周辺の開発計画はこれからが本番だといいます。

 例えば、西口駅前では再開発『所沢駅西口土地区画整理事業』が進行しています。2024~25年頃に大型複合施設が誕生予定です。

「所沢駅西口土地区画整理事業」開発地の様子
「所沢駅西口土地区画整理事業」開発地の様子

 その他、道路や公園などの整備も進められており、全ての計画が完了するのは2026年3月の見込みです。

※引用:所沢市

参照:健美家
https://www.kenbiya.com/ar/ns/region/shutoken/4338.html

1234567
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed