日刊サイゾー トップ > 芸能  > ぺこりゅう、離婚で“新しい家族の形”

りゅうちぇる&ぺこ、離婚で”新しい家族の形”に「応援したい」「身勝手」と賛否

文=佐藤勇馬

りゅうちぇる&ぺこ、離婚で新しい家族の形に「応援したい」「身勝手」と賛否の画像1
Instagram「ryuchell すべてのド真ん中には愛がある」より

 「りゅうちぇる」から改名したタレントのryuchellと「ぺこ」から改名したモデルのpecoが「新しい家族の形」になるとして、離婚したことが明らかになった。若者世代から「理想の夫婦」とみられていた2人の決断を受けて、ネット上で物議を醸している。

 ryuchellは25日、自身のInstagramで親子3人の仲睦まじい写真と共に「いつも応援してくださっている皆さまへ。僕たちの家族についてお伝えしたいことがあります」とファンに報告。2人でよく話し合った上で「これからは“夫”と“妻”ではなく、人生のパートナー、そしてかけがえのない息子の親として、家族で人生を過ごしていこうね。という形になりました。もちろん、今まで通り家族で暮らします」と明かした。

 ryuchellは「女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事でした」「一生一緒に居たいと思えたからこそ結婚して夫婦になる道を選択し、そしてその愛が形になり、最愛の息子も生まれました」とした一方、「“本当の自分”と、“本当の自分を隠すryuchell”との間に、少しずつ溝ができてしまいました」と告白した。

 さらに「父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、“夫”であることには、つらさを感じてしまうようになりました」などと明かし、その悩みをpecoに打ち明けたところ理解を得られ、今回の決断に至ったと説明した。

 ryuchellは「僕には隠していた部分がありました。その僕を信じて応援してくださっていた方、本当に申し訳ありません」などとも記し、セクシャルな問題によって「本当の自分を隠して、夫であること、男らしくあろうとすることが耐えがたくなった」という心境を暗に示した。投稿では「生きていくことさえ辛いと思ってしまう瞬間もありました」とまで表現されている。

 一方、pecoはInstagramで「りゅうちぇるは、誰が何と言おうと最高の彼氏だったし、最高の旦那さんだったし、息子の最高のパパだし、そして兄妹のようなともだちのような、時にはお母さんのようなそんな存在」とし、「正直、墓場まで持っていってほしかったと一瞬たりとも思ったことはないと言えば嘘になります」と本音ものぞかせつつ、「わたしは息子に胸をはって、りゅうちぇるはすてきなパパだよと伝えられる自信があります」と前向きな言葉を綴っている。

 両者とも婚姻関係についての具体的な言及はなかったが、26日に所属事務所が「法律上は夫婦ではなくなりました」と離婚を認めた。ただし、ryuchellが記したように別居することはなく「事実婚というカテゴライズではなく、『新しい家族の形』として、家族3人で同居をしていきます」としている。

12

りゅうちぇる&ぺこ、離婚で”新しい家族の形”に「応援したい」「身勝手」と賛否のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真