日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 与田祐希にチョークをおみまい!
乃木坂46『真夏の全国ツアー2022』東京公演3日間毎日レポ

齋藤飛鳥、与田祐希にチョークをおみまい!乃木坂全ツ2日目、初日との違いレポ

和田まあやセンター曲「自由の彼方」へと変更

 直近のブログをメンバー本人が読み上げるという演出。初日は吉田綾乃クリスティー、与田祐希、林瑠奈の3名であったが2日目は山下美月、清宮レイ、賀喜遥香の3名。山下は撮り下ろしと思われる映像をスクリーンに流しながらの「涙がまだ悲しみだった頃」で客席へ紙吹雪をサプライズ的に吹かせ、清宮はホラー調の導入がブラフとなっていた「ザンビ伝説~13日の金曜日」でブログ本文の匂わせを回収すると言う粋なステージングを見せる。

 負けじと「マシンガンレイン」では遠藤さくらがセンターを務め、シリアスな曲調とは裏腹な曲終わりのコントの様な和田まあやとのやり取りで、ギャップ萌えの極地とも言えるパフォーマンスを見せつける。

 賀喜が中心となった「泣いたっていいじゃないか?」とその次の「ひと夏の長さより…」は、両曲ともシングル「逃げ水」のカップリング曲。アコースティックバージョンでの披露となっており、よりメロディーにフォーカスされた楽曲が温かな雰囲気で客席を包み込む。

 和田がセンターを務めるパートでは、1曲目が初日の「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」から「自由の彼方」へと変更され、個人的に思い入れの深い「ごめんねFingers crossed 」で手に汗を握り「Actually…」はやっぱりバキバキで、「ジコチューで行こう!」のだるまさんが転んだの箇所はやっぱりカオスで(齋藤飛鳥が与田祐希にチョークスリーパーをお見舞い。初日のキスへの御礼参りか)、それを「君に叱られ」て本編は終了(昨日とほぼ同じ文章)。

 アンコールでは、過去のライブの名場面を再現しようのコーナーでメンバー同士のいじり合いが勃発し、「好きになってみた」~「自惚れビーチ」~「乃木坂の詩」でフィニッシュ。

 降り続けた雨をものともしない2日目。初日と比較するとコント仕立てや芝居がかった演出(「設定温度」の小道具としてセンターの久保史緒里が本を扱う一幕があり、開いて閉じる動きにバックスクリーンが連動する様な演出も見られた)が目立つ内容となっており、より総合的なエンターテインメント集団としての乃木坂46を味わえる公演となっていた。

 さあ、何とまあ、申し合わせたかの様に最終日の天気予報は1日、晴れ。2022年8月末日、絶好のライブ日和となるであろう今夜、おっさんはどの様なライブを観せられて魅せられて(唐突な2度目のジュディオング)しまうのか。

 それは3年ぶりに開かれた神宮の空扉のみが知る所なのであった――。

※リピート配信もあります。

リピート配信(1回のみ)

2022年9月3日(土)※8月30日公演配信 2022年9月4日(日)※8月31日公演配信
開場(配信開始) 17:00 / 開演 18:00
※複数同時プラットフォーム配信

https://www.nogizaka46.com/s/n46/page/summer_tour2022

庄村聡泰(コラムニスト・スタイリスト)

ロックバンド[Alexandros]のドラマーとして2010〜21年に活動。バンド時代の収入ほぼ全てを注ぎ込むほど傾倒した音楽や洋服を中心に、映画やマンガ、アニメやグルメ、世界各地の珍スポットなどのさまざまなカルチャーに精通し、これらの知識と経験を生かしてライフスタイル提案型ファッションブランド「スナック NGL」を始動。また、歌劇な過激団 @furaku_taru の制作総指揮を務めるなどプロデュース活動や、#サトヤスタイリングとしてファッションスタイリングや、#ショウムライターとして音楽や映画をはじめさまざまなメディアでインタビューやコラムを執筆。自ら映画にも出演するなど精力的な活動を広げている。 #サトヤスタイリング #ショウムライター インタビュー

Twitter:@shomurasatoyasu

Instagram:@shomurasatoyasu

庄村聡泰のホームページ

しょうむらさとやす

最終更新:2022/09/02 11:30
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed