日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 乃木坂『全ツ』の泣かせ演出
乃木坂46『真夏の全国ツアー2022』東京公演3日間毎日レポ

卒業控えた樋口日奈が影ナレ、怒涛の泣かせ演出に畳み掛けられた『全ツ』最終日

文=庄村聡泰(しょうむら・さとやす)

齋藤飛鳥が与田祐希の頬にキス!ツンデレ伏線回収

 「君の名は希望」を経てフィーチャーされる今宵の3名は遠藤さくら、阪口珠美、久保史緒里。「君が扇いでくれた」での浴衣、「ごめんねスムージー」でのアイドル然としたブリブリの衣装など、視覚的な楽しみも満載だ。

 和田まあやがセンターを務める「Under’s Love」からは怒涛の表題曲、定番曲のラッシュ。「太陽ノック」では遠藤が客席を煽り、「空扉」では梅澤美波がそれを更に煽り立てる。華やかなメンバーのパフォーマンスに色とりどりのスティックライトの灯りで応える観客の姿に、梅澤は曲終わりで満足気に親指を立てて見せる。

 そして散々カオスと書き立てた「ジコチューで行こう!」間奏部のだるまさんが転んだでは遂に、齋藤飛鳥が与田祐希の頬にキス。前日のチョークスリーパーからのツンデレの極みであり、初日の伏線を鮮やかに回収してみせる流れであった。

 本編が自身のセンター曲で始まり自身のセンター曲で終わるという、今ツアーの座長とも言える大役を果たした賀喜の、一言一句を噛み締める様なMCを経ての「君に叱られた」。リリース後1年が経とうとしている楽曲であるものの、”やっとわかった わかった 君の存在”と言うサビの一節が更に重みと深みをもって訴えかけてくる様なパフォーマンスであった。この曲もまたCメロが泣けんだよなぁ。

 アンコール前には齋藤扮する今ツアーオフィシャルキャラクター”トリンギョ”と秋元扮するその友人(ボイスチェンジャーにより、中の人が分からない仕様となっていたもののあっさりネタバレ)とメンバーによる微笑ましい茶番劇が挟まれるが、このやり取りも見納めかと思うとまた一層感慨深くなってしまう。

 ハツラツとした「好きになってみた」からの「ダンケシェーン」は大盛り上がり。ライブ中盤の「羽根の記憶」での歌唱も圧巻であった久保史緒里が、生田絵梨花の代名詞でもあったこの曲を見事に歌い継ぐ。

 ラストは堂々の「乃木坂の詩」。紫一色に染まったスティックライトの灯りが、サビ終わりの振りと動きを合わせていく様は何度観ても実に美しい。

 最後はサプライズで本公演が在籍最期の神宮となる樋口と和田による挨拶。そして座長の賀喜による”ありがとうございました!”にて大団円。万感たる思いの中、おっさんも帰路に就く事となった。

123

卒業控えた樋口日奈が影ナレ、怒涛の泣かせ演出に畳み掛けられた『全ツ』最終日のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真