日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 与田祐希ドラマが「孤独のグルメ」化?

乃木坂46与田祐希ドラマ『量産型リコ』は第2の『孤独のグルメ』化を狙う?

乃木坂46与田祐希ドラマ『量産型リコ』は第2の『孤独のグルメ』化を狙う?の画像1
『量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系)

 乃木坂46の与田祐希が初主演を務めた今夏ドラマ『量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系)。9月1日に最終回を迎えたが、初回から10週連続でTwitterのトレンド1位を「#量産型リコ」が獲得するなど話題で、早くも続編を望む声が続出している。

「今や大人気アイドル乃木坂46の主力メンバーの1人である与田ですが、福岡県の離島出身ゆえか、おおらかで飾らない雰囲気が彼女の魅力。同ドラマでは“平凡なOL”の小向璃子を演じましたが、何気ない所作やどこか抜けている雰囲気など、うまく“普通”を表現していました」(民放関係者)

 同ドラマは、璃子がプラモデルと出会い「機動戦士ガンダム」シリーズのモビルスーツなどを制作。プラモの奥深さを知り、人間関係にも変化が生まれていく……というストーリーだ。当然、璃子が実際にプラモを作るシーンも多く、どこか不思議な魅力のドラマとなっていた。

「バンダイの子会社BANDAI SPIRITSの制作協力を得ていることで、実在のプラモデルが登場し、ヤスリがけや塗装など、基本的なプラモ作りのプロセスもリアルかつ上手に見せていました。プラモ作りにハマった璃子がモデラーとしての腕をどんどん上げていくストーリー性もよかったですね。SNSでは、ドラマを見てプラモに興味を持ったという若年層や、久しぶりにプラモに挑戦する中年男性もいるようで、意外なプラモブームを作り出しています」(スポーツ紙記者)

 テレビ東京ならではのマニアックなドラマと言えるが、早くもシリーズ化を熱望する声もある。

「スポンサーにバンダイを捕まえていますし、与田自身の人気もあるので、DVD化して売り上げも見込める作品でしょう。プラモはガンダムシリーズだけではないですから、ストーリーも続編が作りやすく、もしかしたら第2の『孤独のグルメ』のようにシリーズ化も期待できるかも。

 アイドルとプラモデルを掛け合わせた着眼点はさすがですが、テレ東の『木ドラ24』の枠といえば、今年1月期にハロー!プロジェクトとガッツリ組んだドラマ『真夜中にハロー!』を放送。昨夏も元乃木坂46の伊藤万理華を主演に、ココイチや松屋、富士そばなどのチェーン飲食店をテーマにしてポッドキャスト配信を行うドラマ『お耳に合いましたら。』も話題でした。アイドルを起用するのもうまければ、スポンサーを見つけてくるのもうまい。他局のスタッフの間でも話題になっています」(民放関係者)

 そんな“隠れ話題作”に出演した与田には、こんな声も。

「ドラマ関係者の間では、与田は“若い頃の吉高由里子に雰囲気が似ている”と評判なんです。吉高は普段は天然ですが、演技をすると役に憑依して自分のものにしてしまう。その才能の片鱗を与田にも感じているドラマ関係者は多くいます」(同上)

 乃木坂46といえば、ドラマの山下美月や舞台の久保史緒里、映画の岩本蓮加など女優業も忙しい現役メンバーが多い印象だ。その中でも、与田は「演技力もあるとよ!」。一番の出世頭になる日も近いかもしれない。

※乃木坂46「真夏の全国ツアー2022」、3年ぶりの明治神宮球場公演3日間完全レポ!

小林真一(フリーライター)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

こばやししんいち

最終更新:2022/09/06 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真