日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 加湿器殺菌剤事件を描く映画『空気殺人』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.703

実録ミステリー『空気殺人』 大企業と国家が隠蔽しようとした家庭内大量殺人

文=長野辰次(ながの・たつじ)

庶民が抱くやりきれない怒りや悲しみを晴らす韓国映画

実録ミステリー『空気殺人』 大企業と国家が隠蔽しようとした家庭内大量殺人の画像3
『梨泰院クラス』で刑事役を演じたユン・ギョンホがキーパーソンに

 原告団を率いる医師のテフンを演じたのは、実録犯罪映画『殺人の追憶』(03)でソウルから来た若手刑事を演じたキム・サンギョン。すっかり父親役が似合う年齢になった。民主化を求める学生や市民が軍によって鎮圧された光州事件を描いた『光州5・18』(07)では主人公となるタクシー運転手、やはり実話をベースにした『一級機密』(17)では軍部の不正を命懸けで内部告発するエリート将校を演じている。韓国社会の闇と向き合うことで、評価を高めてきた俳優だ。

 医師としての確かな知識、原告団を束ねるエネルギッシュさのある本作の主人公・テフンは、必ずしも正義のヒーローとは言い切れないキャラクターとして設定されている。自分の子どもや妻が倒れるという悲劇に見舞われたテフンだが、もし身内に不幸が起きていなかったら、時間も体力も費やす裁判に彼は関わっていただろうか。

 テフンは病院に運ばれてきた患者たちに医者としての誠意は尽くしても、メーカーや国を相手取った民事裁判にまでは関心を示さなかったかもしれない。メーカーは利益さえ上がればいい、長老議員は今の立場を守れればいいと考えているように、多くの一般市民も事件を他人事として感じていた。自分や自分の家族さえ幸せなら、それでいい。だが、そんな利己主義的な社会が、セウォル号沈没事件や加湿器殺菌剤事件などの悲劇を次々と招くことになった。

 裁判でテフンと対峙することになる、メーカーのチーム長・ウシクを演じたユン・ギョンホも独特な存在感を放っている。大ヒットドラマ『梨泰院クラス』では刑事役を演じていた個性派俳優だが、彼が演じるウシクも妻や子どもを愛する家庭人であり、それゆえに企業内での出世を望んでいる。この裁判をうまく乗り切れば、現地法人のトップの椅子が約束されている。家族と家庭を愛するがゆえに、裁判所で激しく火花を散らすテフンとウシクだった。

 韓国映画らしく、現在進行形である事件を題材にしながら、観客の興味を逃さないよう物語の展開は二転三転する。韓国映画は実際に起きた犯罪や社会問題をエンタメ化するのが、抜群にうまい。もはや伝統芸の域だと言えるだろう。

 朝鮮半島には「恨(ハン)」と呼ばれる思考様式がある。古くから列強国が内政に干渉してきた長い歴史の中で、圧政に苦しむ庶民はやりきれない怒りや悲しみを“生きる活力”へと昇華させてきた。そうしなくては、生きてはいけなかった。そんな歴史から「恨」は培われ、独自の音楽や踊りが生み出されてきた。

 1980年代以降、民主化運動が進んだ韓国では、映画文化が花開くことになった。韓国の映画文化には、この「恨」の伝統が受け継がれているように感じる。

 今なお韓国で起きる多くの事件や事故を映画化することで、韓国の庶民はやりきれない心情を浄化させようとしているかのようだ。亡くなった人たちの無念さを、せめて映画の中だけでも晴らしたいという想いもあるに違いない。目には見えない様々な情念が、韓国映画には映し出されている。

『空気殺人~TOXIC~』
原作/ソ・ジェウォン 監督・脚本/チョ・ヨンソン
出演/キム・サンギョン、イ・ソンビン、ユン・ギョンホ、ソ・ヨンヒ
配給/ライツキューブ  9月23日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開
©2022 THE CONTENTS ON Co.,Ltd. & MASTER ONE ENTERTAINMENT Co.,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED
kuhkisatsujin.net

【パンドラ映画館】過去の記事はこちら

長野辰次(ながの・たつじ)

長野辰次(ながの・たつじ)

フリーライター。著書に『バックステージヒーローズ』『パンドラ映画館 美女と楽園』など。共著に『世界のカルト監督列伝』『仰天カルト・ムービー100 PART2』ほか。

サイト:記事一覧

最終更新:2022/09/08 19:00
123

実録ミステリー『空気殺人』 大企業と国家が隠蔽しようとした家庭内大量殺人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真